SSブログ
2021年05月| 2021年06月 |- ブログトップ

林縁で [季節]

谷戸をぐるりと歩きながら林縁で見つけた虫たち。

どれも普通種だが、その場で名前がわからないものもいる。

葉上で見つけたハマキガの仲間。
形からハマキガとわかるが、さて誰だろう?
蛾屋さんならすぐに名前が出るだろうが、帰って調べて「アトキハマキ」のメスと判明。
名の通り後翅は黄色いそうだがこの状態ではわからない。
そっくりさんに山地性のオオアトキハマキがいる。
アトキハマキ0610.JPG



















クヌギカメムシの仲間がいた。
これも似た3種がいて、腹部の気門が黒ければクヌギカメムシ。
黒くなければ、ヘラクヌギカメムシかサジクヌギカメムシでオスは交尾器で同定可能だがメスは識別不可。
サジはどちらかというと山地性で局所的、丘陵ではほとんどが「ヘラクヌギカメムシ」で良いと思われる。
サジはまだ見たことが無い。
ヘラクヌギカメムシ0610.JPG



















林縁の小川沿いでは「キマダラセセリ」。
セセリチョウの仲間でこの種以外にこの辺りで見られるものにヒメキマダラセセリがいてややこしい。
どちらか特徴を覚えていないので帰って調べた。
おおよそ見当は付くがその場でズバリ言えないのがもどかしくも仕方がないスキルの無さだ。
キマダラセセリ0610.JPG



















ミズヒキの葉上にいたのは大きさ1㎝ほどの「ハリカメムシ」。
ホソハリカメムシにいているが、腹部両端に張り出したクリーム色の部分に黒い横線があるかないかがわかりやすい。さらにヒメハリカメムシというのがいるようでもう勘弁と避けていたが、ちょっとチャレンジだ!
ハリカメムシ0610.JPG



















2021年6月10日 東京都 チョウ目ハマキガ科 アトキハマキ、セセリチョウ科 キマダラセセリ、カメムシ目クヌギカメムシ科 ヘラクヌギカメムシ、ヘリカメムシ科 ハリカメムシ

nice!(0) 

田植えが始まりいよいよ夏が [季節]

昨年はコロナウィルスの影響でfieldの田んぼは休耕田となったが、今年は一部で田植えが始まった。
代掻きが終わって田植えを待つ田んぼ。
田んぼ0610-1.JPG



















田植えが終わった田んぼでは、雨が少ないので十分に水がいきわたらないでいる。
梅雨は嫌だが雨が降ってくれないと困るなぁ。
田んぼ0610-2.JPG



















逆S字カーブの畦道には草が茂ってきた。
この情景が好きで毎年撮っている。
畔道0610.JPG



















代掻きが終わった田んぼには生き物のフットプリントが。
これは何だろう?
タヌキかと思ったが、後を追うと長い指の後が付いた「アライグマ」だった。
フットプリント0610-1.JPG





























これは誰が見ても鳥だが、さて。
この大きさでこの辺りで見られるのは恐らく、たぶん、間違いなく「カルガモ」。
田んぼに残る足跡を見て主を想像するのもなかなか楽しい。
フットプリント0610-2.JPG



















湿地のタチヤナギの樹液には「シロテンハナムグリ」が来ていた。
コクワガタやノコギリクワガタが見られるのも間もなくだろうなぁ!
楽しみ楽しみ!!
シロテンハナムグリ0610.JPG



















2021年6月10日 東京都 食肉目アライグマ科 アライグマ、カモ目カモ科 カルガモ、コウチュウ目コガネムシ科 シロテンハナムグリ

nice!(0) 

久しぶり~ シラホシカミキリ [コウチュウ目]

今日は休みで久しぶりにfieldへ。
長らく一眼を持って休みに歩いていないなぁと以前のフォルダを見ると4月22日以来だった。
仕事でちょくちょく歩いてはいるものの、虫目線ではないので・・・。

低い草の中で「アカシジミ」を見つけた。
奇麗なオレンジ色が目にとまった、後ろにクモの巣が張っていて奇麗ではないのが残念。
今年はまだウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミを見ていない。
タイミングが悪いのか?絶対数が少ないのだろうか?
アカシジミ0610.JPG



















林縁に目をやると、久しぶり、何年ぶりかに見る「シラホシカミキリ」がいた。
成虫はアジサイ類やリョウブ、ウツギなどの葉の葉脈を食べて線状のしわざを残す。
幼虫は広葉樹やマツ科など針葉樹の剤を食べて育つらしい。
シラホシカミキリ0610-1.JPG



















頭部と胸が黒くその背中に白い筋があり、前翅はオレンジ色に白い斑とシックながらも艶やかさも持ち合わせていてトータルデザインが素晴らしいビュジュアルの好きなカミキリムシの一つだ。
シラホシカミキリ0610-2.JPG



















いつも近付くとすぐに飛んで行ってしまうが、今回は比較的じっくり撮らせてくれた。
もうちょっとと近づきすぎたから、さすがにプイっとファインダーから消えてしまった。

そっくりさんにニセシラホシカミキリがいて、毎回ニセかとチェックするが本物でニセはまだ見たことが無い。
それにしても本当に似ているのだが、名にニセと付けるだけの命名は可愛そうである。
シラホシカミキリ0610-3.JPG



















2021年6月10日 東京都 チョウ目シジミチョウ科 アカシジミ、コウチュウ目カミキリムシ科 シラホシカミキリ

nice!(0) 

ホソミイトトンボ 越冬型の交尾 [トンボ目]

里山の田んぼの畔で小さなイトトンボが連結して飛んでいるのを見つけた。
こんなに奇麗な青はホソミオツネントンボかホソミイトトンボだ。
止まったところをファインダーで覗いてみると「ホソミイトトンボ」のカップルだった。
元来南方系の種で北へ生息域を拡大しているようだ。
そういえばここ数年、年中よく見かける。
ホソミイトトンボ0606-1.JPG



















見ているとメスが腹端を持ち上げてオスの副性器に密着。
これで交尾が成立し、形もすっかりハート形でラブリー。
ホソミイトトンボ0606-2.JPG



















冬の越冬時は褐色だが、早春になると鮮やかな水色に色変わり。
この色は本当に美しいなぁ。
ホソミオツネンイトトンボも成虫越冬で春には奇麗な濃い水色に変化するが、過去10年間で見つけたのは1度だけと非常に稀だ。
ホソミイトトンボ0606-3.JPG



















2021年6月6日 東京都 トンボ目イトトンボ科 ホソミイトトンボ

nice!(1) 

今年も出会えた国の絶滅危惧種 ヤホシホソマダラ [チョウ目]

1月ほど前に職場のススキに幼虫がいた「ヤホシホソマダラ」が、昨日成虫となって同じススキの株の葉にとまっていた。
ああっ、今年もこの美しい蛾に会えて良かったなぁと思う。
ヤホシホソマダラ0606.JPG



















4月28日に見たススキの葉を食べる幼虫。
ヤホシホソマダラ0428.JPG



















メタリックなブルーの地色に黄色い8つの斑が美しく、幼虫はススキを食する。
食草となるススキの原っぱが減少している事からか、環境省のレッドリスト2020では準絶滅危惧種(NT)に東京都レッドリスト2020では多摩部で絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。
同マダラガ科のよく似たキスジホソマダラも幼虫はササやススキ食べるが、こちらは希少種ではないようだ。

今日も同じと思われる個体がススキの葉上に。
ヤホシホソマダラ0607-1.JPG



















幼虫は複数確認しているので、今後もう少し数が増えてくると期待している!
ヤホシホソマダラ0607-2.JPG



















2021年6月6-7日 東京都 チョウ目マダラガ科 ヤホシホソマダラ

nice!(0) 

職場のテラスの天井にお洒落な蛾 モンクロギンシャチホコ [チョウ目]

朝、10日ぶりの職場の天井に色といいデザインといい渋くてお洒落な蛾が止まっていて、是非近くで見たいと降りてもらった。
ん~、これは今までに見たことが無いかも・・・・。
モンクロギンシャチホコ0606-1.JPG



















調べると、なるほど毎年数回入口のボケで見るイモムシの親、「モンクロギンシャチホコ」だった。
幼虫は何度も見てきたが、成虫は初めて。
モンクロギンシャチホコ0606-2.JPG



















幼虫は黄緑色に黄色や細かなデザインがあしらわれた紫色がとても美しいが、成虫はシックで次元の異なる美しさ!
あのイモムシが大人になったらこんなになるのかと、改めて生き物の不思議に感動したのだった。
モンクロギンシャチホコ0606-3.JPG





























2021年6月6日 東京都 チョウ目シャチホコガ科 モンクロギンシャチホコ

nice!(0) 

三つ巴の空中戦 [鳥類]

秩父の山中でカラスが騒ぐので空を見上げると、三つ巴の空中戦が行われていた。
一番大きなノスリ、サシバ、そしてハシブトガラス。
恐らく事の発端は、サシバが営巣している近くにノスリが現れそのノスリをサシバが追いかけていたのを見てハシブトガラスが参戦したと思われた。
カラスはタカなどの猛禽類を追い払うモビング(疑似攻撃)をするが、仕掛けられた猛禽類はそれほど反撃はせず甘んじてそれを受け入れているように思う。この両者の行動は不思議だ。
ノスリ、サシバ0601-1.JPG



















結果、サシバに追われたノスリは山向こうへ逃げ、サシバは営巣場所方向へ飛び去り、ハシブトガラスももといた林へ帰って行った。
それにしてもこのハシブトガラスは何故参戦したのだろうか?
近くに営巣していたのか、謎である。
ノスリ、サシバ0601-2.JPG



















2021年6月1日 埼玉県(丘陵外) タカ目タカ科 ノスリ、サシバ、スズメ目カラス科 ハシブトガラス

nice!(0) 

ガ 色々 [チョウ目]

5月末から見掛けたガたち。
電球をLEDに替えて夜間も点灯するようになったトイレにいた「ナミガタエダシャク」。
地味でよく似た種がいるので名前を知るのに手間取った。
幼虫の食草はバラ科、ブナ科をはじめ広食性で何でも食べるようだ。
ナミガタエダシャク0529.JPG



















職場デッキの天井に止まっていた美しいアオシャクの仲間。
この仲間も色々いて悩まされる。
幼虫はブナ科の葉を食べる「コシロオビアオシャク」。
コシロオビアオシャク0529.JPG



















コナラの葉上で見つけた同じくアオシャクの仲間「カギシロスジアオシャク」。
幼虫はブナ科の葉を食べ、越冬中の幼虫は冬芽そっくりに擬態していることが知られている。
カギシロスジアオシャク0529.JPG



















こちらもそっくりさんが数種いる「ベニスジヒメシャク」の仲間。
ベニスジ、コベニスジ、フトベニスジ、ウスベニスジヒメシャクはよく似ていて、僕は外見では識別できない。
ベニスジヒメシャク0529.JPG



















今の時期、時折見られる真っ白いガ。
ツバメエダシャクの仲間でこれは「シロツバメエダシャク」。
この種も他にウスキ、コガタ、フトスジ、ノムラ、ヒメツバメエダシャクがいて、確認時期、場所、顔の色、後翅外縁突起の形状などが同定要素となりチェックしなければならないのでややこしい。
シロツバメエダシャク0602.JPG
















2021年5月29日、6月2日 東京都 チョウ目シャクガ科ナミガタエダシャク、コシロオビアオシャク、カギシロスジアオシャク、ベニスジジヒメシャク、シロツバメエダシャク

nice!(1) 

キバネツノトンボ 産卵する [アミメカゲロウ目]

昨日は秩父で仕事だったが、何気に草はらを見つめていると草に黒いものがとまっていた。
何だろう?
何かしら?
キバネツノトンボ0601-1.JPG



















近付くとそれはイネ科にとまった「キバネツノトンボ」。
my fieldでは見られない久しぶりに見る種で嬉しい発見だった。
いつも飛び続けている印象なので何をしているのかよく見ると、腹端近くの茎に卵が一つあり産卵を始めたところのよう。
茎の左側にお尻を当ててどうやらもう一つ産むようだ。
キバネツノトンボ0601-2.JPG



















次に茎の右側にお尻を当ててもう一つ。

とまった位置はそのままで腹を茎の左右にもっていって交互に産んでいた。
キバネツノトンボ0601-3.JPG



















その後次々と産んで産み付けられた卵はこんな感じ。
キバネツノトンボ0601-4.JPG





























最終的に産んだ卵は全部で33個で少しすると翅を震わせて飛行準備。
準備が整ったらふわりと飛んで周囲を飛行し、近くの木の向こうに姿を消した。
このメスは無事に役割を果たせたようだ。
ツノトンボの仲間は、螺旋だったり左右交互だったりと種によって卵の産み付け方が決まっているみたい。
キバネツノトンボ0601-5.JPG



















2021年6月1日 埼玉県(丘陵外) アミメカゲロウ目ツノトンボ科 キバネツノトンボ

nice!(1) 

2021年05月|2021年06月 |- ブログトップ