SSブログ

絵本作家 伊藤知沙さんの「だんごむしとちょうの ぱあぷる」のご紹介 [本]

虫のお仲間、絵本作家の伊藤知沙さんの新刊「だんごむしとちょうの ぱあぷる」。

子供たちにぜひ読み聞かせてあげたいなぁ!
子供だけでなく大人も思わず引き込まれてほっこり!

だんごむしとちょう、いったいどんなお話しなのか?

伊藤さんの虫目で見た世界と虫たちへの思いがあふれる1冊です。
だんごむしとちょうの ぱあぷる.JPG































nice!(1) 

昆虫写真家 新開孝さんの新刊「うまれたよ!ベニシジミ」のご紹介 [本]

昆虫写真家 新開孝さんの新刊「うまれたよ! ベニシジミ」が岩崎書店から24日に発刊されますのでご紹介。

人気のよみきかせ いきものしゃしんえほんシリーズにとても身近なベニシジミが登場!
オレンジ色の翅が鮮やかで都会の草地でも見られる可愛いシジミチョウですが、卵や幼虫、蛹は見たことが無い方が多いのではないでしょうか。
子供向けの写真絵本ですが、ベニシジミの一生を知らない大人にもお薦めです!
うまれたよ!ベニシジミ.JPG

nice!(0) 

昆虫写真家 森上信夫さんの「オオカマキリと同伴出勤」のご紹介 [本]

昆虫写真家 森上信夫さんの新刊「オオカマキリと同伴出勤」が昨日29日築地書館から発刊されましたのでご紹介。

今回の本の名前から、図鑑ではないなと思ったがさて、いったいどんな内容なのだろう?
ご本人のblog「昆虫写真家・森上信夫のときどきブログ」ではカラーグラビアもある兼業昆虫写真家の自伝エッセイ集など詳しいことが紹介されている。
写真はもちろんの事、文章にも定評がある森上さんのエッセイは楽しめること間違いなし!

オオカマキリと同伴出勤.JPG






























nice!(0) 

昆虫写真家新開孝さんの「虫のしわざ図鑑」のご紹介 [本]

昆虫写真家 新開孝さんの新刊「虫のしわざ図鑑」が少年写真新聞社から昨日15日に発刊されましたのでご紹介。
しわざとは虫が植物の葉や枝、実を食べたりかじったりしたあとや糞、巣などの事で、そのしわざから誰が残したものなのかを特徴をもとに紹介された図鑑です。昆虫だけでなく身近で見られる生き物のしわざも載ってます。
新開さんとしては3冊目のしわざ本。
虫のしわざ図鑑1.JPG





























カバー裏の「Let's find "Shiwaza"!
この本をもってfieldにLet's Go!ですね。
虫のしわざ図鑑2.JPG





























たまたま今日見つけたクズの葉上のしわざ、この本でばっちり誰のしわざかわかりました!
しわざ0616.JPG



















2020年6月16日

nice!(0) 

笑える写真絵本 「虫・むし・オンステージ」のご紹介 [本]

昆虫写真家 森上信夫さんの新刊「虫・むし・オンステージ!」がフレーベル館から本日12日に発売されますのでご紹介。

ご本人曰く、「幼稚園の小さなお子さんから大人まで楽しんでいただける「笑える写真絵本」」。
と言われるだけあって、個性的な85種類の虫たちが様々なステージでその独特の姿や特技を面白おかしく披露してくれています。おおっ、なるほど、そうなんだ~ってことも満載。
また、登場した虫たちの解説もばっちり載っていてもちろん図鑑としても役立ちます。
私もほんの少しだけ協力させていただきました。
ぜひ、みなさんも虫たちのステージ見てくださいね!

詳細は森上さんのblog「昆虫写真家・森上信夫のときどきブログ」で。



虫・むし・オンステージ.JPG






























nice!(3)  コメント(2) 

とても優しい絵本のご紹介 [本]

先日、My fieldにお越しいただいた絵本作家・イラストレーターの伊藤知紗さんの絵本がとても素敵なのでご紹介!

伊藤さんはうんち好き、ではなくうんちみたいなむしがお好きなよう。
子供たちはどうしてだろうか?うんちがダイスキだからきっと大喜びに違いない。
自然の中でうんちに似ているとどうなの?っていうのがよくわかって、むしたちスゴイって思える一冊!
これ香川照之が読んだらきっと吠えるよ
昆虫すごいぜ! って


月刊かがくのとも6「うんちみたいなむしがいた」福音館書店
うんちみたいなむしがいた.JPG





























この絵本を見た数日後、小さな蛾を見つけて撮ってあとで調べようと。
ん、どこかで見たような・・・。
そう、「うんちみたいなむしがいた」の表紙を飾った虫だった。
アトモンヒロズコガ。ちょっとびっくり。
アトモンヒロズコガ0511_1.jpg






















もう1冊は子供の頃、じいちゃんに教えられ竿に結んだ糸の先に玉ねぎを付けて釣った思い出のキリギリスが主人公。
鳴く虫好きにはこんなステージがあったら絶対聞きたいと思うストーリー!
こどものとも「キリギリスくんとよるのおんがくたい」福音館書店


優しい色使いやなんだかほっとするタッチの生き生きしたむしたちの絵、つい引き込まれるストーリーは大人でも見ていて楽しくなる。
さすが日々、fieldで虫たちを観察されているだけあって絵本ながらにリアルで登場する虫は少しマニアック(笑


ぜひ子どもたちに読み聞かせたいな。
キリギリスくんとよるのおんがくたい.JPG




















2018年5月11日 東京都 チョウ目ヒロズコガ科 アトモンヒロズコガ

nice!(1)  コメント(2) 

おすすめ本 2冊 [本]

私が所属している都立野山北・六道山公園のボランティア生き物倶楽部が作って公園で発行した「宮野入谷戸の冬芽ガイドブック」。
狭山丘陵の宮野入谷戸で見られる冬芽100種を掲載しています。
関東の里山で見られる多くの冬芽を網羅。
都立狭山公園、野山北・六道山公園のイベント時に販売していますので、是非。
IMG_20160202_0003.jpg



























こちらは昨日届いた画期的な逆引き虫ガイド。
昆虫写真家新開孝さんの「虫のしわざ 観察ガイド」。
草木に残った“しわざ″からどんな虫が何のために残したのかがわかる図鑑です。
これはあの虫のしわざだったのかと納得すること間違いなし!
こちらもぜひお手に取っていただきたい!!
IMG_20160202_0002.jpg



























2016年2月2日