SSブログ
チョウ目 ブログトップ
前の10件 | -

ヒメジャノメとサンコウチョウ [チョウ目]

林縁を歩いていると久しぶりに「ヒメジャノメ」が足元から飛び出した。
ひらひらと優雅に飛んでコナラの葉にとまった。
コジャノメはよく見かけるが、この谷戸でヒメジャノメに出会うのはそうそうない。
ヒメジャノメ0928-1.JPG



















暫くしてすぐ近くの枝へ。
この後また葉に移動したが、葉が邪魔になり撮ることが出来なかった。
ヒメジャノメ0928-2.JPG



















少し歩いているとまたヒメジャノメが飛んだ。
高く舞って移動し高さ3mほどのアラカシの中に入った。
そっと近づくとそこに鳥がいて、恐らく食べられたと思われた。
鳥のいる場所に飛んで入ったとは何ともタイミングが悪かった

シジュウカラかと思いよく見たら、今年初めて見る「サンコウチョウ」だった。
ちょっと暗かったが目のリングや嘴が青くないので、メスか幼鳥だろう。とりあえずの証拠写真。
この後、すぐに林の中へ飛び去った。
夏鳥のサンコウチョウは丘陵でも繁殖し、再び渡っていく。渡りの途中でここに立ち寄ったのかもしれない。
サンコウチョウ0928.JPG



















2022年9月28日 東京都 チョウ目タテハチョウ科 ヒメジャノメ、スズメ目カササギヒタキ科 サンコウチョウ

nice!(1) 

階段の壁に イチジクキンウワバ [チョウ目]

この日、fieldに出ていたが雨が降って来たので致し方なく昼過ぎ家に帰ってアパートの階段を上っていると、壁に蛾がいた。
おやっ、朝出掛ける時にいたかな?と早速撮影。
イチジクキンウワバ0922-1.JPG



















独特の形はヤガ科キンウワバ亜科の1種だ。
この仲間もなかなか覚えられないので帰って調べた。
そっくりさんにミツモンキンウワバがいるが、いくつかの識別点から「イチジクキンウワバ」とした。
角度を変えて撮ると、翅の一部が黄金色に輝いていた。
これがキンの名前の由来か?
イチジクキンウワバ0922-2.JPG



















幼虫はキク科、イラクサ科、マメ科、バラ科など広食性。
もちろん名前のイチジクも食べるようだ。
これらの植物のいくつかは、周囲にあるのでうちの近くのどこかで発生したのだろう。
傷みの無い奇麗な翅だった。
イチジクキンウワバ0922-3.JPG





























2022年9月22日 埼玉県 チョウ目ヤガ科 イチジクキンウワバ

nice!(1) 

オレンジ鮮やか コスズメ [チョウ目]

朝階段を降りていると壁にスズメガがとまっていた。
昨晩は台風の影響で風が強かったがその中に来たのか、朝方少しおさまってから来たのか?
おっ、セスジスズメかとカメラを取りに戻って数枚撮って出掛けた。
コスズメ0920-1.JPG



















帰って写真を見たら朝気付かなかった背中や腹部にオレンジ色が。
セスジスズメにこんな色はなかったなぁと調べると「コスズメ」だった。
なかなかよく似ている。
幼虫はオオマツヨイグサやノブドウ、ツタ、ヤブガラシなどを食べる。
これらは家の近所にあるので時々見かけるスズメガだ。
コスズメ0920-2.JPG



















2022年9月20日 埼玉県 チョウ目スズメガ科 コスズメ

nice!(0) 

あっ! 久しぶりのゴイシシジミ [チョウ目]

今日は埼玉県の小鹿野町で仕事だった。
仕事の合間にふと見るとクマザサの仲間にちらちらと小さな黒と白のシジミチョウが飛んでササの葉裏に隠れた。
おやっ、これは!
飛ばれないようにそっと見ると本当に久しぶりに見る「ゴイシシジミ」だった。
ササにまとわりつくようにあちこちにもその姿が。
ゴイシシジミ0912-1.JPG



















ササの葉裏には幼虫の食べ物となるアブラムシがいてそこに産卵していた。
このアブラムシを探して飛んでいるのだ。
ゴイシシジミ0912-2.JPG



















産卵していた別の葉をひっくり返してみると小さな白い卵が2つ産み付けられていた。
ゴイシシジミ0912-3.JPG



















ササの周りを飛び回ってなかなか止まってくれないのだが、偶然にも目の前に。
奇麗に撮ってねという事か?
運良くモデルになってくれた。
ゴイシシジミ0912-4.JPG



















いつも通っている狭山丘陵のfieldでは毎年探しているがもう何年見ていないだろう?
撮った写真を調べたら最後は2013年だった。
2008年にはアズマネザサの葉裏に多い時には10頭が集まっていた。
それが今ではさっぱり。
環境的には変わっておらず、しいてあげれば木々が成長して林縁が以前より暗くなったことくらいだろうか。
このチョウが見られないということはササに付くアブラムシが減っているのだろうな。
様々な生き物に言えることだが、ある種に依存していれば当然その種が絶えてしまうと連鎖が起こる。
ゴイシシジミの場合どうすれば。
ササに付くアブラムシが本当に減っているのか?
その確認がまず必要だろう。
ゴイシシジミ0912-5.JPG



















2022年9月12日 埼玉県秩父郡小鹿野町、2008年9月4日 東京都、チョウ目シジミチョウ科 ゴイシシジミ

nice!(0) 

荒川上流部とキバラケンモン [チョウ目]

先日早起きした日は、埼玉県の奥秩父、三峰まで行って来た。
もう少し行けば山梨県という埼玉の西端だ。
秩父湖から流れ出る川は東京湾にそそぐ荒川の上流部。
この日は水の色が褐色で濁っていた。
秩父三峰荒川0902.JPG



















道の駅の水銀灯の下を探してみると、白黒の奇麗な蛾がいた。
調べると「キバラケンモン」のようだ。
念のために下翅を確認した。
苔の生えたコンクリートに溶け込んでいた。

ここに来る途中にもう1か所道の駅に寄ったのだが、そこのトイレには色々興味深い虫たちが居残っていた。
残念ながらカメラは400mmの望遠レンズしかつけていなかったので撮る事が出来ず。
次回は、マクロレンズ必携で望みたい!
この2枚はスマホで撮ったが、3つもレンズが付いているのにマクロは得意ではないようで思ったように撮れず残念だ。
キバラケンモン0902.JPG



















2022年9月2日 埼玉県(丘陵外) チョウ目ヤガ科 キバラケンモン

nice!(0) 

家のポストにアカエグリバ [チョウ目]

先日の夕方仕事を終えて帰ってきたら、アパートのポストに何かがとまっていた。
何だろうとようく見ると久しぶりの「アカエグリバ」。
20ほどあるポストの中でよくぞ家を選んでくれたと嬉しくなり早速家へ招き入れた。

いつもじっとしている姿ばかり見ているので、撮影もたやすいだろうと思っていたらとんでもなかった。
とにかくケースの中を飛び回るので落ち着いていただくために冷蔵庫へ。
少しして出ていただいたが、こんどは脚を引っ込めて死んだふりで不自然な姿勢だが仕方がない。

まるで枯葉そっくりの前翅には葉脈のような筋や虫食いのようなえぐれた形がある。
このえぐれからエグリバなのだろう。
アカエグリバ0827-1.JPG



















暗い所に入れていたので複眼が黒くなったのだろうか。
普段は淡い褐色だったような気がする。
アカエグリバ0827-2.JPG



















脚を出してくれないかと少し触れて見ると翅を開いた。
翅を開いたのを見たのは初めてだが、これはまた面白いデザインだ。

数枚撮るといきなりあっという間に凄い早さで飛んで見失った。
箪笥の後ろやTVのうらなどあらゆるところをさんざん探したのだが見当たらない。
仕方が無いので撮影を終了、翌朝に期待した。
朝、カーテンを開けると網戸にとまっていたのでホッ。
見つかって良かった良かった!
すぐにお帰り頂いたが、寒い思いをさせ何のオモテナシも出来なかったのが申し訳なかった・・・。
ちなみにアカエグリバの成虫は、モモやブドウの実の汁を吸い果実を傷つける事から農家からは嫌われ者なのであった。
アカエグリバ0827-3.JPG



















2022年8月27日 埼玉県 チョウ目ヤガ科 アカエグリバ

nice!(0) 

いよいよヤママユ [チョウ目]

足の指の骨折から45日、レントゲンを見て仕事に行って大丈夫ですと医者からOKが出たので8月から出勤。
が、今月一杯は連日の勤務はダメで休ませながら無理しないようにとの事。
今日は3日目、朝寄った峠のコンビニの壁に「ヤママユ」たちが集合していた。
写真の4頭に加え正面に1頭の全部で5頭。
ヤママユ0807-1.JPG



















ヤママユの仲間、ヤママユ、ヒメヤママユ、クスサン、ウスタビガは昔、秋から初冬のイメージを持っていたのだが、この4種のトップバッターのヤママユは実は夏真っ盛りの8月頃から現れるのだった。
ここに集まったオス4個体を1つづつ。
壁の筋でどれがどこにいるものか当ててみよう!なぁんて

少しピンクがかった個体。
ヤママユ0807-5.JPG






















これもちょっとピンクっぽく翅が細長で眼状紋が小さいかな。
ヤママユ0807-4.JPG






















これも1番目に比べると翅が細目で翅色はくすんだ褐色。
ヤママユ0807-3.JPG



















こちらは少し明るい黄色みが買った褐色。
それぞれに個性があって面白い!
ヤママユ0807-2.JPG



















2022年8月7日 埼玉県 チョウ目ヤママユガ科 ヤママユ

nice!(1) 

今日の訪問者はセダカシャチホコ [チョウ目]

仕事から帰って玄関の鍵を開けた時、ふと窓枠の薄茶色に目が留まった。
蛾だとわかったが、これはなかなか大きい。
とりあえず家に入ってカメラを持って出た。
ファインダーをのぞくとモヒカン刈りのような頭部の毛に、前翅の淡い褐色の2つの斑が特徴的だ。
大きさや形態からシャチホコガ科ではと推察した。
セダカシャチホコ0805-1.JPG



















朝出勤時には気付かなかったので、昨晩灯りに来たのかは定かではない。
昼に飛んでわざわざうちの窓に来るとは思えないので、朝見過ごしたに違いない。
調べるとやはり「セダカシャチホコ」だった。
翅を開くと7-8㎝もあり幼虫はブナ科の葉を食べるようで、飛来元はあの神社だろうか?
まだ翅が奇麗な個体で、違うポーズを撮ろうとちょっと触るとあっという間に飛び去ってしまった。
あぁ、残念・・・
セダカシャチホコ0805-2.JPG





























2022年8月5日 埼玉県 チョウ目シャチホコガ科 セダカシャチホコ

nice!(0) 

真夏のミズイロオナガシジミ [チョウ目]

fieldの都立野山北・六道山公園のキツネノカミソリ開花状況を見に行った。
隣接した2か所のうちここ数年拡大している群落はちょうどよい見頃となっていた。
手前に20株ほどあり奥が大きな群落となっている。
キツネノカミソリ0801.JPG



















奥は写真左にある園路から見ることが出来るが、少し遠いので花を間近で見られないのが残念だ。
咲き終わった花もほとんどないので今がとても美しい。
キツネノカミソリ0801-1.JPG



















このすぐ近くの林床で「ミズイロオナガシジミ」を見つけた。
ゼフィルスの仲間でアカシジミやウラナミアカシジミと比べると発生時期が長く7月中旬頃まで見られる。
調べると今まで見た中で最も遅かったのは7月12日で8月は初めてだった。
翅が擦れて傷んでいるので羽化してしばらくたっているようだ。
もうお相手とはすでに出会えただろうか?
まだならこの時期そうそうは見つからないと思うが・・・。
ミズイロオナガシジミ0801.JPG






















2022年8月1日 東京都 キジカクシ目ヒガンバナ科 キツネノカミソリ、チョウ目シジミチョウ科 ミズイロオナガシジミ

nice!(1) 

アミメキシタバ [チョウ目]

駐車場脇の大きなアラカシの幹の高所に蛾を見つけた。
ヤガ科シタバガ亜科Catocala属の仲間であろうことはわかったが、似た種が多いのでその場で種名まではわからずだった。
アミメキシタバ0709.JPG



















調べたところ「アミメキシタバ」のようだ。
幼虫はアラカシなどの葉を食べるようで、まさにその木にいたということ。
過去の記録を見たが、今回が初見だった。
アミメキシタバ0709-2.JPG



















この仲間は種によって後翅の色が黄や白、赤、紫などがいて美しいことから人気がある。

アミメキシタバは黄色に黒い帯があるが、今回は見ることが出来なかった。
前翅も光の具合でところどころ水色に輝いて美しかった。
アミメキシタバ0709-3.JPG



















2022年7月9日 埼玉県 チョウ目ヤガ科 アミメキシタバ

nice!(0) 
前の10件 | - チョウ目 ブログトップ