SSブログ

秋ですねぇ [季節]

湿地の脇で咲いていた「ハッカ」の花。
淡いピンク色とまん丸く集まっている様がお気に入りだ。
葉っぱを揉んだ時の爽やかな香りも!
ハッカ0917.JPG



















林縁では丘陵で見られる場所は限られる「アキノキリンソウ」。
信州などではびっくりするような大きな株があちこちで見られるが、ここでは小さくひっそりと。
アキノキリンソウ0917.JPG



















今花盛りの「ノダケ」にはお決まりの「ヒメスズメバチ」が来ていた。
他のスズメバチたちもやって来るが、個人的にはこの花で最もよく見るスズメバチだ。
ヒメスズメバチ0917.JPG



















真っ赤に色付いた「ミヤマアカネ」のオスを見ると、秋を感じるなぁ!
これからは見られる虫たちが減る一方で、寂しくなる。
ミヤマアカネ0917.JPG



















2021年9月17日 東京都 シソ目シソ科 ハッカ、キク目キク科 アキノキリンソウ、セリ目セリ科 アキノキリンソウ、ハチ目スズメバチ科 ヒメスズメバチ、トンボ目トンボ科 ミヤマアカネ

nice!(0) 

この日のトイレは [季節]

今年から24時間灯りが付いているトイレがある。
何か居残りがいないか見て見ると、壁にいた「ヒメツユムシ」。
名にツユムシと付くがツユムシ科ではなくササキリモドキ科に属し、樹上生活者のため灯りに来ている以外はまず目にすることは無い。
この個体は今まで見た中で最小だった。
ヒメツユムシ0917.JPG





























外壁にはヒメツユムシに比べると大きな「セスジスズメ」がいた。
近くのヤブガラシで育ったのだろう。
幼虫は毎年あちこちで見かけるが、成虫とは久しぶりで嬉しい出会いだった。
しかし残念ながらこの日はこの2種だけとちょっと寂しい・・・。
セスジスズメ0917.JPG



















コナラの葉を集団で食べていたのは「ツマキシャチホコ」の幼虫たち。
毛と色が毒々しいが無毒とされている。
毒がなくてもアレルギーのある方は炎症を起こす可能性があるので触らる神にたたりなしである。
ツマキシャチホコ0917.JPG



















2021年9月17日 東京都 バッタ目ササキリモドキ科 ヒメツユムシ、チョウ目スズメガ科 セスジスズメ、シャチホコガ科 ツマキシャチホコ

nice!(0) 

里山をぶらり [季節]

今日は予報に反して秋晴れとなった。
先日以前使っていた標準ズームレンズを新しいものに買い替えたので試し撮りがしたく、他に調べ事もあり里山のfieldへ。稲穂が垂れて黄金色に色付くのも間もなくだ。
例年ならウスバキトンボの群れが見られるが、今年はほとんどいない。
これからなのか?
秋の里山0915.JPG



















池脇のオギの葉に「オオトリノフンダマシ」の卵嚢があった。
探したが、残念ながら母さんは見つからなかった。
オオトリノフンダマシ卵嚢0915.JPG



















小川沿いのイノコヅチの葉上で見つけた「ヒトツメカギバ」。
羽化して間もないのだろう。傷みがない美しい翅だった。
この真上にミズキの枝が伸びているので、そこで育ったに違いない。
ヒトツメカギバ0915.JPG



















畔の脇では「オニヤンマ」が休憩中。
歩いていて目の前で気付いたが飛ぶ気配がなく1枚撮ってもっと近くでと思ったらさすがにさっと飛んでしまった。
オニヤンマ0915.JPG



















畔の上には大きな蛾が羽を広げて死んでいた。
今年まだ未見の「クスサン」のようだ。
無事に寿命を全う出来たのだろうか?
ヤママユ0915.JPG



















2021年9月15日 東京都 クモ目ナゲナワグモ科 オオトリノフンダマシ、チョウ目カギバ科 ヒトツメカギバ、ヤママユガ科 クスサン、トンボ科オニヤンマ科 オニヤンマ

nice!(0) 

山で出会った虫 [季節]

久しぶりに山に来たので普段fieldで見ない虫がいないかとちょこちょこ気にかけていたところに、赤いハナカミキリのような虫が目の前のヒノキの実生にとまった。
ここに来てすぐに、さてこれはヒノキかサワラかと白い気孔の形をチェックするとY=卑猥なヒノキだった。
ちなみにサワラはXなのだ。
アカハナカミキリ0908.JPG



















かなり期待したが、結果は残念ながらfieldでもよく見られる「アカハナカミキリ」だった。
それにしても正面顔はまるで極悪人だ。
アカハナカミキリ0908-1.JPG



















足元に見たことの無いムシヒキアブの仲間がとまった。
おおっ、これは期待大だと思って調べたら、特に珍しくはなく平地でも見られる「ヒメキンイシアブ」という種だった。だが丘陵では見たことが無かったので、こんなムシヒキアブもいるのかと新たな知見となった!
他には時折オオセンチコガネが低空で飛ぶのを見掛けたが全く止まらず。
こちらが屁をこいた時に限って現れたのは偶然だろうか?
ヒメキンイシアブ0908.JPG



















2021年9月8日 埼玉県(丘陵外) コウチュウ目カミキリムシ科 アカハナカミキリ、ハエ目ムシヒキアブ科 ヒメキンイシアブ

nice!(1) 

今日の虫は ミツ、コノ、カヤ [季節]

夜中灯りが付いているトイレに行って見ると壁にいたのはキンウワバの仲間。
さて、何ウワバ?
たぶん「ミツモンキンウワバ」だろう。
このトイレの照明はだいぶ前にLEDに替えられたが、それでも居残り蛾が見つかるのは嬉しい!
ミツモンキンウワバ0905.JPG



















今年これだけ赤い赤とんぼを見たは初めてだと思った。
野外卓の上に止まっていた「コノシメトンボ」のオス。
いよいよ秋ですね!
コノシメトンボ0905.JPG



















低層の草地に足を踏み入れると飛び出したちっちゃな「カヤコオロギ」のオス。
そうそう君を探していたのだ!
東京都のRDBで多摩部絶滅危惧Ⅱ類の希少種。
今年も見られて嬉しいなぁ。
カヤコオロギ0905.JPG





























湿地では「ツリフネソウ」が咲き始めた。
お尻のくるりんを撮りたくて横から撮ったら何だかぼてっとアザラシみたいだが、とても魅力的だ!
ツリフネソウ0905.JPG
















2021年9月5日 東京都 チョウ目ヤガ科 ミツモンキンウワバ、トンボ目トンボ科 コノシメトンボ、バッタ目マツムシ科 カヤコオロギ、フウロソウ目ツリフネソウ科 ツリフネソウ

nice!(1) 

秋の虫や花 [季節]

今日も非常に暑い一日だった。
天気予報ではいよいよ来週から秋らしくなるという。
確かに秋の虫や花の姿が見られるようになってきた。

キツネノマゴで蜜を吸っていたのは、秋になるとよく見られる「ウラナミシジミ」。
南から命を繋いで北上し、ちょうど今頃関東辺りまで来るのだろう。
そうして来てもここらでは冬を越せずに皆死んでしまう。
そしてまた、来年同じように南から北上してくる片道切符で旅をする不思議なチョウだ。ウラナミシジミ0829.JPG




















すぐ近くでは秋に咲く花「ツルボ」が咲き始めていた。
まん丸い蕾に花はしっとりとした華やかさが魅力的だ。
ツルボ0829.JPG



















ネジバナもまた咲き出した。
初夏の頃に花が見られ、また秋にも咲く。
この時期咲くのは「アキネジバナ」と呼ばれ初夏の頃に咲くものの秋咲き品種。
初夏にこの場所では花は見られないので、秋にだけ咲くようだ。
アキネジバナ0829.JPG



















「ミヤマアカネ」のオスもさらに赤さが増してきた。
そろそろ真っ赤に色付いたアキアカネも山から下りてきて姿が見られるだろう。
ミヤマアカネ0829.JPG



















2021年8月29日 東京都 チョウ目シジミチョウ科 ウラナミシジミ、キジカクシ目キジカクシ科 ツルボ、ラン科 アキネジバナ、トンボ目トンボ科 ミヤマアカネ

nice!(0) 

雨の中出会った虫たち その2 [季節]

小雨が降る道端できらりと光る抜け殻の上に羽化を終えたばかりの「ツチイナゴ」の幼虫を見つけた。
雨の中、無事大人の階段をひとつだね。

ツチイナゴ0816.JPG



















川沿いのススキの葉裏にちらっと見えたうさ耳。
ひっくり返すといたいた「クロコノマチョウ」の幼虫。
このところ成虫の姿もよく見かける。
クロコノマチョウ0816.JPG



















林縁の葉上のオレンジ色が目を惹いた。
中齢当たりの「ササキリ」の幼虫。
終齢に近づくにつれてこのオレンジ色は消えていく。
ササキリ0816.JPG



















湿地ビオトープ脇のキツネノマゴに腹部が赤く色付いた「ミヤマアカネ」のオスがいた。
体にまとった雨粒と羽先の縁紋のオレンジ色が美しい。
葉の上にはハナバチの仲間が濡れながらも雨宿り?
ミヤマアカネ0816.JPG



















林内を歩いていて足元からぴょんと跳ねたのは、水から上がって2~3年ほど経ったであろう「アズマヒキガエル」。
上陸時はひょろひょろの小さな痩せガエルだが、どっしりとしたその体形はもうすっかり大人と変わらず頼もしい。

季節外れの長雨もようやくやんで、まもなく夏の晴れ間が戻ってきそう。
アズマヒキガエル0816.JPG



















2021年8月16日 東京都 バッタ目バッタ科 ツチイナゴ、チョウ目タテハチョウ科 クロコノマチョウ、バッタ目キリギリス科 ササキリ、トンボ目トンボ科 ミヤマアカネ、無尾目ヒキガエル科 アズマヒキガエル

nice!(1) 

雨の中出会った虫たち その1 [季節]

このところ雨が続いて地域によって大きな被害が出ているが、毎年のように同じ地域で大雨になっているのが辛い。
昔はこんなにひどい雨は台風以外なかったように思うが、やはり温暖化の影響なのだろう。
早くこの気圧配置が変わって大雨がおさまることを期待したい。

雨の中でも歩いていると季節がら様々な虫たちと出会う。
先週から出会った虫たち。


道の脇で見つけたのは翅に傷みの無い「オオミズアオ」だった。
久しぶりに生きているのをと思ってよく見ると、残念ながら息絶えていた。
この蛾、生きているのに出会うのはなかなか至難の業だ。
オオミズアオ0811.JPG



















葉の上にとまっていたハチがいた。
見るとただとまっているのではなく、顎で草を噛んでいた。
昼間だが寝ているのだろうか?
ハナバチの仲間0815.JPG



















ススキの葉裏では「オオカマキリ」の幼虫が雨宿り。
でも体中に雨のしずくが。
細いススキの葉ではやっぱり雨が当たるよね。
オオカマキリ0815.JPG



















アカメガシワの実が熟してきたので何かいないか探していると葉の上に「ヤブキリ」がいた。
いつも見るのは緑色の個体だが、これは全体が色褪せた褐色だった。
ここでは体が少し褐色で脚の黒いタイプが見られるが、この個体の脚はそれほど黒くなかった。
現場では気付かなかったが、帰って写真を見ると両目に雨粒が!
ヤブキリ0815.JPG



















歩く足元から飛び立ったのは「オスグロトモエ」のメス。
飛んで着地して頭が草で隠れたので近付いてもこちらが見えないのだろう。
全く動じず珍しくたくさん撮らせてくれた。
頭隠して尻隠さずは危険だな。
オスグロトモエ0815.JPG




















2021年8月11,15日 東京都 チョウ目ヤママユガ科 オオミズアオ、ハチ目ハナバチの仲間?、カマキリ目カマキリ科 オオカマキリ、バッタ目キリギリス科 ヤブキリ、チョウ目ヤガ科 オスグロトモエ

nice!(0) 

ああっ!暑くって集中力が・・・ [季節]

昨日の休み、先週なかなかレアな虫が見つかり標本にする前に生態写真を撮りたいので待ってとメモを残していて、カメラを持って職場に行ったら何と既に標本にされていた。はぁ・・・
※聞いたところこの前日に死んでしまったので標本にしたそうだった。
昨年こんな虫を見つけたら写真を撮って採集してと話をしたそれほど虫に詳しくない新人が何とその虫を見つけたのだが、写真は撮ったが採集せず後から探したがついに見つからなかった。
今年も昨年見つけたその同僚が何と再び発見、今度は採集し、でかした!よくやった!なのだった。
この10年ずっと探してきたが見つけられなかった種なので嬉しいやら自分が見つけられず悔しいやら・・・である。そのうちどこかに短報を投稿するかも。

折角なので、田んぼを一巡り。
オニグルミでは前に見つけたスズメガ幼虫は見つからず、いたのは「アオドウガネ」だった。
元来南方種のようだが今ではあちこちで見られるようになった。
アオドウガネ0804.JPG



















歩いていると黒い大きなアゲハが目の前を飛んで林縁にとまった。
久しぶりに見る「ナガサキアゲハ」だった。
この日は60mmマクロレンズしか持っていなかったので遠目に1枚撮りそっと忍び足で近づくも、やはり飛ばれてしまった。
なので、トリミングした遠目の1枚を。
翅の輝くシックな緑色が美しかった。
ナガサキアゲハ0704.JPG



















今年は適度の雨量で、田んぼは潤い稲がすくすくと育っていた。
しかし暑さは厳しいもので、探せばあちこちに虫がいるのだろうが探す集中力は全く無くなっていた。
イネ0804.JPG



















上の写真中央下左寄りにあるクモの巣。
「ナガコガネグモ」の幼体だろう。
なかなかいい場所に巣を張ったもので、恐らく畔を人が歩くとイナゴたちが飛んで次々にかかるだろうな。
ナガコガネグモ0804.JPG



















田んぼ脇のヨシの葉裏に「ヤホシホソマダラ」の幼虫を見つけた。
イネ科につくと聞いているが、今までススキでしか見たことが無くヨシでは初めてのように思う。
ここで暑さにギブアップ、そそくさとfieldを後にしたのであった。
ヤホシホソマダラ0804.JPG



















2021年8月4日 東京都 コウチュウ目コガネムシ科 アオドウガネ、チョウ目アゲハチョウ科 ナガサキアゲハ、マダラガ科 ヤホシホソマダラ

nice!(0) 

再びオニグルミで [季節]

オニグルミは葉を触るとベタベタするのだが甘くて美味しいのか?
いつも見ると何らかの虫たちが葉を食べている。
この日一番モリモリと食べていたのはたぶん「コフキコガネ」。
体の短毛が抜けてしまって色変わりしていた。
この仲間にはよく似たオオコフキコガネがいるが、短毛の色が識別の一つなのでこう抜けてしまっていては区別は難しいなぁ。
コフキコガネ0728.JPG



















今年も見つけたスズメガの仲間の幼虫。
ここで成虫を見たことは無いが、恐らく「モンホソバスズメ」だろう。
似た種にアジアホソバスズメがいてその可能性もあるのだが・・・。

いったい誰?
スッキリしない2種でちょっとストレス(*_*;
モンホソバスズメ0728.JPG



















2021年7月28日 東京都 コウチュウ目コガネムシ科 コフキコガネ、チョウ目スズメガ科 モンホソバスズメ

nice!(0)