SSブログ

林縁で [季節]

谷戸をぐるりと歩きながら林縁で見つけた虫たち。

どれも普通種だが、その場で名前がわからないものもいる。

葉上で見つけたハマキガの仲間。
形からハマキガとわかるが、さて誰だろう?
蛾屋さんならすぐに名前が出るだろうが、帰って調べて「アトキハマキ」のメスと判明。
名の通り後翅は黄色いそうだがこの状態ではわからない。
そっくりさんに山地性のオオアトキハマキがいる。
アトキハマキ0610.JPG



















クヌギカメムシの仲間がいた。
これも似た3種がいて、腹部の気門が黒ければクヌギカメムシ。
黒くなければ、ヘラクヌギカメムシかサジクヌギカメムシでオスは交尾器で同定可能だがメスは識別不可。
サジはどちらかというと山地性で局所的、丘陵ではほとんどが「ヘラクヌギカメムシ」で良いと思われる。
サジはまだ見たことが無い。
ヘラクヌギカメムシ0610.JPG



















林縁の小川沿いでは「キマダラセセリ」。
セセリチョウの仲間でこの種以外にこの辺りで見られるものにヒメキマダラセセリがいてややこしい。
どちらか特徴を覚えていないので帰って調べた。
おおよそ見当は付くがその場でズバリ言えないのがもどかしくも仕方がないスキルの無さだ。
キマダラセセリ0610.JPG



















ミズヒキの葉上にいたのは大きさ1㎝ほどの「ハリカメムシ」。
ホソハリカメムシにいているが、腹部両端に張り出したクリーム色の部分に黒い横線があるかないかがわかりやすい。さらにヒメハリカメムシというのがいるようでもう勘弁と避けていたが、ちょっとチャレンジだ!
ハリカメムシ0610.JPG



















2021年6月10日 東京都 チョウ目ハマキガ科 アトキハマキ、セセリチョウ科 キマダラセセリ、カメムシ目クヌギカメムシ科 ヘラクヌギカメムシ、ヘリカメムシ科 ハリカメムシ

nice!(0) 

田植えが始まりいよいよ夏が [季節]

昨年はコロナウィルスの影響でfieldの田んぼは休耕田となったが、今年は一部で田植えが始まった。
代掻きが終わって田植えを待つ田んぼ。
田んぼ0610-1.JPG



















田植えが終わった田んぼでは、雨が少ないので十分に水がいきわたらないでいる。
梅雨は嫌だが雨が降ってくれないと困るなぁ。
田んぼ0610-2.JPG



















逆S字カーブの畦道には草が茂ってきた。
この情景が好きで毎年撮っている。
畔道0610.JPG



















代掻きが終わった田んぼには生き物のフットプリントが。
これは何だろう?
タヌキかと思ったが、後を追うと長い指の後が付いた「アライグマ」だった。
フットプリント0610-1.JPG





























これは誰が見ても鳥だが、さて。
この大きさでこの辺りで見られるのは恐らく、たぶん、間違いなく「カルガモ」。
田んぼに残る足跡を見て主を想像するのもなかなか楽しい。
フットプリント0610-2.JPG



















湿地のタチヤナギの樹液には「シロテンハナムグリ」が来ていた。
コクワガタやノコギリクワガタが見られるのも間もなくだろうなぁ!
楽しみ楽しみ!!
シロテンハナムグリ0610.JPG



















2021年6月10日 東京都 食肉目アライグマ科 アライグマ、カモ目カモ科 カルガモ、コウチュウ目コガネムシ科 シロテンハナムグリ

nice!(0) 

今日の虫 [季節]

久しぶりに仕事だったがfieldへ。
と言っても10日ぶりくらいだが、すっかり景色が変わっていた。
咲いている花も移ろい、草木がすっかり繁茂していた。
歩けば探さずともあちこちに虫たちがいた。
時系列で印象的なものを。


草の根元から茎を這いあがってきたのは「トラフツバメエダシャク」。
羽化したばかりなのだろうか、その翅はとても美しかった。
トラフツバメエダシャク0529.JPG



















伸びたススキの葉上では「ヤブキリ」のもう終齢幼虫だろうか?
脚や体の一部が黒いここではよく見られる黒化型だった。
ヤブキリ0529.JPG



















野イチゴの仲間の「ニガイチゴ」の実も赤く熟して美味しそうだ。
ニガイチゴ0529.JPG



















歩いていて葉裏の陰で目に付いたのは「ベッコウガガンボ」。
ここ数年よく似たヨコカワクシヒゲガガンボは見かけたがこの種は本当に何年ぶりだろう。
右の後ろ脚が欠損しているが、それを感じさせない立派な髭が勇ましい!
ベッコウガガンボ0529.JPG




















こちらも葉裏でちらりと見えて見つかった「スジベニコケガ」。
肌色の地色に朱色や褐色の模様が素晴らしく、このままファッションショーに出られる色とデザインだ。
スジベニコケガ0529.JPG



















ミズヒキの葉上にいた特徴的な形のハムシの仲間。
この仲間は色々いるが、ほぼ食草が決まっているので何の植物にいたかで種が特定しやすい。
ただ、ミズヒキ食いは見当たらず、容姿で見ると「ヒメジンガサハムシ」だろう。
食草はヨモギでこの周りにたくさん生えているのでたまたまミズヒキにいたと思われた。
警戒して脚を引っ込めていたが、足の色がわかれば同定率は100%なのだが残念だ。
ヒメジンガサハムシ0529.JPG



















2021年5月29日 東京都 チョウ目シャクガ科 トラフツバメエダシャク、ヒトリガ科 スジベニコケガ、バッタ目キリギリス科 ヤブキリ、バラ目バラ科 ニガイチゴ、ハエ目ガガンボ科 ベッコウガガンボ、コウチュウ目ハムシ科 ヒメジンガサハムシ

nice!(0) 

葉上や花で [季節]

ノイバラはたくさんの虫たちが集まるちょっとした虫たちのレストラン。
中でも見たいノイバラの枝そっくりのキエダシャクの幼虫やヒメクロオトシブミがいないか探していると、見たことの無い小さな虫が。
形からカスミカメムシの仲間。
調べると、主にノイバラに付く「セダカマルカスミカメ」だ。
赤い眼がちょっとチャーミングに思うのは僕だけだろうか?
セダカマルカスミカメ0501.JPG



















こちらの葉上ではジョウカイボンの仲間がいた。
一見、カミキリムシやカミキリモドキにも見えるが、分類上はホタルに近く翅や体は柔らかい。
小さな虫や花粉などを食べるようだ。
最もよく見られるのはジョウカイボンだが、これは前胸背(胸)が丸い「マルムネジョウカイ」という種。
マルムネジョウカイ0428.JPG





























咲いていた通称オカタツ、オカタツナミソウの花を訪れていた「トラマルハナバチ」。
蜜があるのは花の奥でそこに届く長いストローや舌を持つ虫しか蜜にありつけない。
トラちゃんはさぞかし長い舌の持ち主なのだろう。
トラマルハナバチ0509.JPG



















2021年4月28日、5月1,9日 東京都 カメムシ目カスミカメムシ科 セダカマルカスミカメ、コウチュウ目ジョウカイボン科 マルムネジョウカイ、ハチ目ミツバチ科 トラマルハナバチ

nice!(0) 

4月も終わり [季節]

いよいよ4月も最終日で明日から5月。
巷ではゴールデンウィークに入った方もいるようだが、東京都では緊急事態宣言が出され近隣の件でも蔓延防止条例が出るなど我慢の休日となってしまった。

今日は丘陵外の埼玉県の近隣の市へ。
芝地に今年初めて見る「オオヒラタシデムシ」がいた。
シーズンにfieldではお馴染みだが、久しぶりで嬉しい!
望遠レンズしか持ち合わせていなかったのでちょっと、いやかなり遠い。
オオヒラタシデムシ0430.JPG



















昨晩からの雨の後の晴れで林縁ではたくさんの虫たちが飛び交っていた。
そんな中大群で押し寄せてきたのは、雨後の晴れた日の午前中に見られるシロアリたちの集団飛行。
朽ち木を見ると兵隊アリたちも出ていてその姿から恐らく「ヤマトシロアリ」だろう。
携帯で撮ったがどうもマクロは難しい。
ヤマトシロアリ0430-1.JPG



















つる性植物の葉に飛んで来た甲虫、おおっ、これは珍しい。
前にいつ見ただろうかと思う「カオジロヒゲナガゾウムシ」。
名前の通り顔が白くちょこまか動くゾウムシ。
ああっ、やはりマクロレンズを持ってきていればと後悔だ。
カオジロヒゲナガゾウムシ0430.JPG



















今日もっとも脅威だったのが、ミズキの枝から降りてきたキアシドクガの幼虫たちだった。
食樹のミズキが丸坊主で、みな糸を垂らしたり幹を伝って降りたりと木のほぼ30m四方の地面を大小さまざまな幼虫たちが歩き回っていた。
立っていると上からぼとっと足に落ちてきて何かと思えばキアシドクガの幼虫だ。
上にある木はヤマザクラで食樹ではないのにと見上げると、あちこちの葉で姿が見られた。
食糧難で食べられる木を探していたのだろうか?
自分のfieldでは今年はそれほど大量発生とは思えないが、地域によってはその可能性もあるのだろう。
キアシドクガ0430.JPG



















青空を颯爽と飛んだ渡り途中の「サシバ」。
先々週に自分のfieldでも確認したが、共に渡りの途中に立ち寄ったのだろう。
サシバは繁殖のために初夏に東南アジアからやって来る渡り鳥で自然豊かな里山の指標種。
トカゲやヘビ、カエル、小型の哺乳類、鳥類などを捕食する猛禽だ。
今、そんな豊かな里山環境が減少して、サシバの居場所がなくなってきているのが問題だ。
サシバ0430.JPG



















2021年4月30日 埼玉県 コウチュウ目シデムシ科 オオヒラタシデムシ、ゴキブリ目ミゾガシラシロアリ目 ヤマトシロアリ、コウチュウ目ヒゲナガゾウムシ科 カオジロヒゲナガゾウムシ、チョウ目ドクガ科 キアシドクガ、タカ目タカ科 サシバ

nice!(0) 

田んぼ周りで [季節]

田んぼ周りを歩くとあぜ道に「ムラサキサギゴケ」の群生があった。
シソ科独特の形の淡い紫色の花と中央の白にオレンジ色の斑が美しい春の湿地を彩る花だ。
ムラサキサギゴケ0422.JPG



















水が引いた田んぼには昔はどこの田んぼにも生えていたと思われる田んぼ雑草の「ミズニラ」があちこちで見られた。田んぼ自体が減ってしまって、ミズニラも東京都ではレッドリスト2020ではこの地域では絶滅危惧ⅠB類に指定されている。
こう見えてミズニラはシダの仲間なので、茎の基部に種子ではなく胞子を付ける。
なんか不思議な植物だ。
ミズニラ0422.JPG



















歩いていると目の前にいた「ニホンカナヘビ」。
お腹が横に広がっているので卵を持ったお母さんだろう。
少し先には小さなカナヘビたちがみられるかな。
ニホンカナヘビ0422.JPG



















畔を歩くと足元からオレンジ色のチョウが飛んだ。
ああっ、しまった・・・と思ったのは、今年初見の「アカタテハ」だったから。
じっくり撮りたかったのだが・・・・。
後を追うと林縁のエゴノキの高い枝先にとまった。
まぁ、またこの先機会はあるだろう。
アカタテハ0422.JPG



















帰りの道柄、ベンチの上にこのところよく見かけるひげジイこと「オオイシアブ」の姿が。
相変わらず獲物を狙って横見て上見てだったがその写真はみな手振れで使えないものだった、残念。
オオイシアブ0422.JPG



















2021年4月22日 東京都 シソ目ハエドクソウ科 ムラサキサギゴケ、ミズニラ目ミズニラ科 ミズニラ、有隣目カナヘビ科 ニホンカナヘビ、チョウ目タテハチョウ科 アカタテハ、ハエ目ムシヒキアブ科 オオイシアブ

nice!(0) 

草むらの小さな虫たち [季節]

風が強かったこの日、草むらの虫は風で揺れて撮れないなぁと歩いていたのだが、ふと目を落とした草の先に何かいた。
ファインダーを覗くとカメムシの仲間らしいが大きさは5mm強と小さい。
コバネヒョウタンナガカメムシ0422-1.JPG



















名は「コバネヒョウタンナガカメムシ」といい、主にイネ科につき稲に斑点米を発生させる農家にとっては害虫だ。
コバネと付くように普通は翅が短いが、この個体は腹部を覆う長さなので長翅型のよう。
コバネヒョウタンナガカメムシ0422-2.JPG



















青にオレンジのカラフルな虫は「ムナキルリハムシ」でこれも大きさは5mmほどと小さい。
ヤナギにつくようで確かに近くに大きなジャヤナギがあった。
強い風にそこから飛ばされたのだろうか?
ムナキルリハムシ0422.JPG



















小川沿いで赤銅色に輝くのは大きさ10mm弱の「スゲハムシ」。
湿地のスゲにつき金属光沢のある赤や青、緑、黒色の個体もいる。
スゲハムシ0422-1.JPG



















キヌツヤミズクサハムシとも呼ばれる。
湿地の減少に伴い各県で絶滅危惧種に指定されていて、今回改定された東京都レッドリスト2020年度版では多摩部で絶滅危惧Ⅱ類となっている。今回の改定により昆虫類の地域区分が今までの区部、北多摩、南多摩、西多摩の4区分から区部と多摩部の2区分に変更されたようだ。

どれも小さな虫たちで普通に歩いていてはまず見つからない。
虫目で牛歩が見つけるコツだろう!
スゲハムシ0422-2.JPG



















2021年4月22日 東京都 カメムシ目ナガカメムシ科 コバネヒョウタンナガカメムシ、コウチュウ目ハムシ科 ムナキルリハムシ、スゲハムシ(キヌツヤミズクサハムシ)

nice!(1) 

先日見た虫・花 [季節]

林縁を歩くとあちこちで「コジャノメ」が飛び出す。
似たクロヒカゲも確認されているが、まだコジャノメの方が多い。
年に数回発生するが、共にこの時期見られる春型はより褐色が濃いように思う。
コジャノメ0418.JPG
















湿地では「ヒメギス」の幼虫と「ナナホシテントウ」が並んでいた。
何だかほのぼの!
湿地で0418.JPG



















伸びたスギナにとまっていたのは、よく見るコメツキムシの仲間の「シモフリコメツキ」だった。
少し歩くと様々な虫たちが見られ春を実感!
シモフリコメツキ0418.JPG



















日当たりの良い斜面ではたくさんの「フデリンドウ」の花が見頃となっていた。
小さな淡い青色の花弁は褐色や緑の中でとても奇麗だった。
フデリンドウ0418.JPG



















足元では成虫越冬した「センチコガネ」。
紫色をよく見るが、黒っぽい個体だった。
センチコガネ0418.JPG



















2021年4月18日 東京都 チョウ目タテハチョウ科 コジャノメ、バッタ目キリギリス科 ヒメギス、コウチュウ目テントウムシ科 ナナホシテントウ、センチコガネ科 センチコガネ、リンドウ目リンドウ科 フデリンドウ

nice!(0) 

キンランが咲き初めて季節は初夏へ [季節]

先週初めに、もうキンランが咲いていると聞いた。
例年に比べると開花が1ヶ月近く早い。
そんなことを考えながら歩いていて見つけた「キンラン」の花。
ギンランの開花もササバギンランの蕾も確認して、もう季節は初夏だ。
キンラン0412.JPG



















林縁で黒いチョウが飛んでいた。
クロコノマチョウにしては小さい。
後を追ってみると今年初見の「コジャノメ」だった。
年に数回見られるが、春に現れる春型は特に色が濃いように思う。
手前の草が邪魔だったがこの後すぐに飛ばれて林内に消えてしまった。
コジャノメ0407.JPG



















ムラサキシキブを見ていると食痕と共に「イチモンジカメノコハムシ」がいた。
成虫越冬のようだが冬の間何処で越冬していたのだろうか?
イチモンジカメノコハムシ0411.JPG



















田んぼの畔ではこちらも今年初見の「ヤマトシリアゲ」のオスを見つけた。
まだ、羽化してそれほど経っていないようで飛ぶことは無かった。
ヤマトシリアゲ0411.JPG



















毎年みられる場所で、今年も緑色の「マムシグサ」を見ることが出来た。
昨年は3株だったが今年は4株と1株増えた。
来年も株数が増えることを期待している!
マムシグサ0412.JPG



















2021年4月7-12日 東京都 キジカクシ目ラン科 キンラン、チョウ目タテハチョウ科 コジャノメ、コウチュウ目ハムシ科 イチモンジカメノコハムシ、シリアゲムシ目シリアゲムシ科 ヤマトシリアゲ、オモダカ目サトイモ科 マムシグサ

nice!(0) 

久しぶりにfieldへ [季節]

コロナ感染防止対策で閉められていたfieldの駐車場がようやく昨日からオープンとなった。
今日は休みだったので早速出掛けた。
先月から週2日ある休みの1日をバイトをすることにしたので貴重な休日だ。
今年は早春から暖かい日が続いて、木々もあっという間に新緑の季節のようだ。
里山0402.JPG



















足元を見ると好きな花の一つである「キュウリグサ」が咲いていた。淡い水色と黄色の輪っかが可愛い。
黄色い輪っかが白い姉妹のようなハナイバナも探しているがまだなかなか見つからない。
キュウリグサ0402.JPG





























白っぽいシジミチョウが飛んで目の前にとまった。
今度こそヤマトシジミかと思ったが、やはり「ツバメシジミ」のメスだった。

先日オスを載せたが、メスは青い部分が少ないので雌雄の区別は容易だろう。
ツバメシジミ0402.JPG



















漂う甘い香りをたどってみると咲いていた「アケビ」。
奥に見えるたくさんある小さな雄花の先には大きな雌花。
雌蕊の先の艶やかなみずみずしさが何だか妖艶でもありグロテスクでもある。
アケビ0402.JPG



















2021年4月2日 東京都 ムラサキ目ムラサキ科 キュウリグサ、チョウ目シジミチョウ科 ツバメシジミ、キンポウゲ目アケビ科 アケビ

nice!(1)