SSブログ

久しぶりのハチモドキハナアブ [季節]

昨日は職場の同僚2人と職場であるfieldを歩いた。
早速クワの高木の高い位置にいるのを見つけてくれた。
今年初見の「キボシカミキリ」。
このところクワの木を見るとお目当てのカミキリやテントウがいないかチェックしているが見つからないでいた。
キボシカミキリ0607.JPG



















てかてかでクチクラの厚い葉の木に咲いていた白い花。
何だっけ?と思ったが、そうそう「サカキ」。
主に関東より南の温暖な地で見られる木で神事に使われたり神棚のお供えに使われる。関東では代用としてヒサカキが用いられている。なのでfieldでも見る機会が少ない木だ。
サカキ0607.JPG



















林内を歩くと時折甘い香りが漂ってくる。香りのもとはおおむね見頃のムラサキシキブだが、時折さらに濃い香りを発していたのが咲き始めの「アカメガシワ」。
アカメガシワ0607.JPG



















足元で見つけたきれいな丸い赤や楕円のピンク色は、ハゼランの実と蕾。
中南米原産の外来種でランと名に付くが、あのランの仲間とは全くの別種。
花が午後3時から咲き始めるそうでサンジソウの別名もある。
ハゼラン0607.JPG



















コナラの樹液で同僚が変なハチがいるという。
見ると、久しぶりに見た「ハチモドキハナアブ」だった。
確かにハチではなくアブなので変なハチというのはその通りで理にかなっている。
ハチモドキハナアブ0607-1.JPG



















別の樹液にも来ていた。
こちらは腹端を曲げて産卵しているようだった。
東京都のレッドリストではこの地域でDD=情報不足として記載されている。
ハチモドキハナアブ0607-2.JPG



















2024年6月7日 東京都 コウチュウ目カミキリムシ科 キボシカミキリ、ツツジ目モッコク科 サカキ、キントラノオ目トウダイグサ科 アカメガシワ、ナデシコ目ハゼラン科 ハゼラン、ハエ目ハナアブ科 ハチモドキハナアブ

nice!(0) 

田植えの終わった田んぼ周りで [季節]

田んぼの田植えが始まった。
大人も子供も泥んこになりながら楽しそうに稲苗を植えていた。
イネ0527.jpg



















田植えの終わっていない田んぼに動く何かがいた。
ドジョウかアメリカザリガニかとよくよく見ると「ケラ」だった。
頭を水に浸けてごそごそしていたが、いったい何をしているのかわからなかった。
ケラ0527.jpg






















近くの湿地では今年初めて見る真っ赤な「ショウジョウトンボ」がいた。
このトンボのオスは今の時期から赤くなるが、赤とんぼとはいわない。
赤とんぼは秋に成熟して赤くなるアキアカネやナツアカネ、マユタテアカネなどアカネ属のトンボの総称だ。
ショウジョウトンボ0527.jpg



















田んぼ脇の林縁のススキの葉裏にいたガ。
翅を開いた大きさが15㎜ほどの「キオビベニヒメシャク」。
幼虫が何を食べているのか不明だそうだ。
キオビベニヒメシャク0527.jpg



















何の木だったかよく見なかったがこちらも葉裏にいたこちらも20㎜と小さな「チビスカシノメイガ」。
翅の模様がなかなかいいデザインだ。
幼虫はクワやコウゾの葉を食べるようで確かにこの近くにクワとヒメコウゾがあった。
チビスカシノメイガ0527.jpg



















2024年5月27日 東京都 バッタ目ケラ科 ケラ、チョウ目シャクガ科 キオビベニヒメシャク、ツトガ科 チビスカシノメイガ

nice!(0) 

5月末の色々 [季節]

雨の後水がたまる小さな湿地、ときどき池。
久しぶりに見ると、「ミゾコウジュ」が咲いていた。
以前はキショウブに押されて絶滅に瀕していたが、ボランティアさんの手入れのお陰で復活した!
ミゾコウジュ0526.JPG



















隣にはもこもこの「ミコシガヤ」も。
ミコシガヤ0526.JPG



















他の湿地では「ハラビロトンボ」のオスが黒っぽく成熟していた。
ミゾコウジュもハラビロトンボも東京都では絶滅危惧種だ。
ハラビロトンボ0526.JPG



















石垣でひょこっと現れた「ヒガシニホントカゲ」の幼体。
青く輝く尻尾は幼体の印だ。
ヒガシニホントカゲ0525.JPG



















こちらの気配に気付いて石垣の隙間に隠れたが、まさしく頭隠して尻隠さず。
ふっふっ! まだ子供だな(^^
ヒガシニホントカゲ0525-1.JPG



















コナラの樹幹を飛んでいたのは「アカボシゴマダラ」の真っ白な春型。
25年ほど前に神奈川県で放蝶されたと思われる個体が繁殖を繰り返し、狭山丘陵では2008年頃から頻繁に見られるようになり今では普通に見られるまでになった。
幼虫はオオムラサキやゴマダラチョウ、テングチョウなどと同じエノキを食樹としており、侵入の影響が懸念されたがその影響は明らかになっていない。
アカボシゴマダラ0526.JPG



















満開に咲いたウツギの花に来ていたのは「イチモンジチョウ」。
希少種のアサマイチモンジかと凝視したが、残念ながらイチモンジチョウだった。
イチモンジチョウ0526.JPG






















成虫越冬した「テングチョウ」が産卵した幼虫が羽化した新成虫が見られるようになってきた。
数年に一度、メディアに取り上げられるほど大発生するが今年はそれほどではないようだ。

何だか仕事ばかりしていると、休みにぐったりしてfieldに出ないでいる。
なのでこのところの写真はすべてコンデジで撮ったもので画質的には満足できないのだが、日々更新しないよりはいいかなぁと。
今年メインで使っているカメラとレンズをCANONからOMに思い切って変えた。
撮る機会がなかなか無いのだが、そのうちぼちぼちアップしていきたい。
テングチョウ0526.JPG



















2024年5月25-27日 東京都 シソ目シソ科 ミゾコウジュ、イネ目カヤツリグサ科 ミコシグサ、トンボ目トンボ科 ハラビロトンボ、有隣目トカゲ科 ヒガシニホントカゲ、チョウ目タテハチョウ科 アカボシゴマダラ、イチモンジチョウ、テングチョウ

nice!(0) 

4月末の虫たち [季節]

雑木林の林縁の高さ3mほどの葉上にいた「オオヒラタシデムシ」。
オサムシやシデムシの仲間は後翅が無く飛べない種がいるが、この種は飛ぶことが出来るのでこんなところにいるのだろう。この地で初夏にエノキの高い枝先のヒオドシチョウの幼虫たちを捕食するクロカタビロオサムシは後翅があり飛ぶことが出来るが木登りも得意で幹や細い枝も難無く登っていく。
オオヒラタシデムシの腹部背面は美しいblueだが、前胸背にもわずかにその輝きが見られた。
オオヒラタシデムシ0428.JPG





























湿地のビオトープの水面には「オオミズアオ」の翅が浮かんでいた。
鳥にやられたのだろう。
翅の根元には肉が付いていてアメンボがいた。
オオミズアオは毎年生きている個体になかなか出会えず、こうした死体ばかり見つかるのが残念だ。
オオミズアオ0428.JPG



















エノキの実生では越冬した特定外来生物の「アカボシゴマダラ」が蛹になっていた。
越冬した幼虫たちを観察してきたが、やはり鳥にやられたのだろうほとんどがいなくなっていてこうして蛹になったのは数少ない。
アカボシゴマダラ蛹0428.JPG



















「ウスバアゲハ」が林縁のタンポポの花に来ていた。
本来毎春数個体見られるかどうかだったのが、数年前にある場所を中心に爆発的に発生した。
それがようやく沈静化してかなり数が減った。
人為的な大発生だと考えているが、数が増えれば天敵などが増え食草も減るなどして発生数は減少する。
自然のメカニズムはうまくできているものだ。
数年前からカシノナガキクイムシが菌を媒介し広がったナラ枯れもようやく終焉が見えてきたように感じる。
ウスバアゲハ0428.JPG



















2024年4月28日 東京都 コウチュウ目シデムシ科 オオヒラタシデムシ、チョウ目ヤママユガ科 オオミズアオ、タテハチョウ科 アカボシゴマダラ、アゲハチョウ科 ウスバアゲハ

nice!(2) 

そろそろ危険生物も [季節]

歩いていると林内のロープ柵の杭の上にスズメバチがいた。
先月くらいからナラ枯れの影響で樹液が出ているコナラにオオスズメバチが集まっているのがよく見られた。
刺されると人によってはアレルギーによるアナフィラキシーショックで重篤な症状になることもあるので注意が必要だ。
スズメバチの仲間は女王バチのみが越冬し越冬から目覚めると樹液などに集まって体力をつけ巣作りを始める。
※ワーカー(働きバチ)でもスズメバチネジレバネに寄生されると越冬するようだ。
女王はこの先子孫を残す使命があるので無駄な争いは好まない。見つけてもこちらが攻撃をせず遠巻きに迂回すればまず襲ってくることはないと思っている。

このスズメバチは両肩が赤く腹部の黒い横斑の下部が波打っておりこの時期まだワーカーは出ていないと思われるので「モンスズメバチ」の女王バチ。

色々な図鑑でモンスズメバチの特徴に腹部の波打つ横斑を記しているが、赤い肩についての記述はあまり見られない。
モンスズメバチ0508.JPG



















同じ日の別の林内では目の前にニョロニョロとした長いものが道の上にいた。
事前に気付いたのでじっくり観察することが出来た。
この個体の体が太い細いと波打っているのは何故なんだろうと気になった。
アオダイショウ0508_1.jpg



















長さ1mちょっとの「アオダイショウ」。
毒は無いが噛まれると血を見るので捕まえたりせずやり過ごすに越したことは無い。
近付くと林内に逃げて行った。
アオダイショウ0508-1.JPG



















この数日前、道脇のほぼ垂直に近い法面で久しぶりに見たシーン。
「ヤマカガシ」が「アズマヒキガエル」を捕食していた。
襲った場面を見ていないのだが、ヤマカガシは腹を見せアズマヒキガエルは足に食いつかれている。
どういう経緯でこういう状態になったのか気になる。
この後、スタッフからアズマヒキガエルは呑み込まれてしまったと報告があった。
ヤマカガシが好んでこのカエルを捕食するのは、カエルの毒を自らの毒として用いると言われている。
ヤマカガシには口の奥の毒牙と首の背面からの2種類の毒がある。
毒牙からの毒はマムシを超える猛毒で、カエルから得た毒は首の背面から噴出する毒に利用されているといわれている。

アオダイショウやヤマカガシも本来臆病な生き物でこちらが危害を加えなければ襲ってくることはまずない。
この先ハチやヘビなどに出会う機会が増えるが、相手のことをよく知りこちらから手出しをしなければ危険はないと思っている。
ハチもヘビも生態系の中では重要な役割を担っている存在なので嫌わずうまく付き合っていきたいものだ。
ヤマカガシ0504.JPG





























2024年5月4、8日 東京都 ハチ目スズメバチ科 モンスズメバチ、有隣目ナミヘビ科 アオダイショウ、ヤマカガシ、無尾目ヒキガエル科 アズマヒキガエル

nice!(0) 

5月5日に出会ったみなさん [季節]

足元のミミズに集まっていた「オオヒラタシデムシ」。
雑木林の掃除屋さん。
オオヒラタシデムシ0505.JPG



















イネ科のカモジグサの葉には「キマダラヤマカミキリ」がいた。
他にキマダラミヤマカミキリ、キマダラカミキリなどの名があり、どれが正式和名だか・・・
キマダラヤマカミキリ0505.JPG



















この日いくつかの林縁で結婚飛行を行っていたシロアリ。
大きさから恐らく「ヤマトシロアリ」かと思うが、特徴ある兵隊アリを見ていないので何とも言えない。
これからの時期、雨後の晴れてじめじめした日によく見られる光景だ。
シロアリ0505.JPG



















あちこちで咲き出したエゴノキの枝先に「エゴツルクビオトシブミ」の揺籃がぶら下がっていた。
数日前他の場所で、これから揺籃を作ろうとするカップルが葉の上にいた。
見ているとメスが葉の端に移動して巻き始めたが、首の長いオスは揺籃作りに全く関与せずでそのうちどこかへ行ってしまった。何と役に立たない(^^
エゴツルクビオトシブミ揺籃0505.JPG



















林縁で見つけた鮮やかでグロテスク、カニの爪のようなキノコ「サンコタケ」。
いつも見るものより腕の数が少ないなぁと思ったが、調べると数は許容範囲内だった。
まだグレバ(腕の内側の胞子の入った黒い部分)が落ちていないので、発生してそれほどたってはいないのだろう。
サンコタケ0505.JPG




















fieldの一角で群生開花していた「モモイロヒルザキツキミソウ」。
北米原産の外来種だが、淡いピンクの花弁と中央の黄色のコントラストが美しく好きな花の一つだ。
外来種なのが悩ましい!
ヒルザキツキミソウ0505.JPG



















2024年5月5日 東京都 コウチュウ目シデムシ科 オオヒラタシデムシ、カミキリムシ科 キマダラヤマカミキリ、ゴキブリ目ミゾガシラシロアリ科 ヤマトシロアリ、オトシブミ科 エゴツルクビオトシブミ、 スッポンタケ目アカカゴタケ科 サンコタケ、フトモモ目アカバナ科 モモイロヒルザキツキミソウ

nice!(0) 

初夏の湿地 [季節]

5月になって草木も緑濃い季節になった。
それでもまだスプリングエフェメラルの「ツマキチョウ」が飛んでいた。
ツマキチョウ0503 (2).jpg





















水辺では「シオカラトンボ」が見られるようになってきた。
虫で感じる春と夏のはざま
シオカラトンボ0503.jpg



















2024年5月3日 東京都 チョウ目シロチョウ科 ツマキチョウ、トンボ目トンボ科 シオカラトンボ

nice!(0) 

ヒメウラナミジャノメとミヤマセセリ [季節]

田んぼでは「スズメノテッポウ」が茎をのばしていた。
この時期スズメと名に付く植物がある。
スズメノテッポウの他にスズメノエンドウ、スズメノヤリなどでそれぞれ小さい事でスズメと名が付いたのだろう。
スズメノテッポウ0416.jpg



















林縁で目の前を飛んだチョウがいた。
んん?
とまったところを見るとこの春初見の「ヒメウラナミジャノメ」だった。
翅の波模様と蛇の目模様シックでおしゃれ。
ヒメウラナミジャノメ0416.jpg



















草地で見つけたスプリングエフェメラルの「ミヤマセセリ」のメス。
出現期はそろそろ終盤であとどれくらいその姿が見られるだろうか・・・
ミヤマセセリ0416 .jpg



















2024年4月16日 東京都 イネ目イネ科 スズメノテッポウ、チョウ目タテハチョウ科 ヒメウラナミジャノメ、セセリチョウ科 ミヤマセセリ

nice!(0) 

コウモリも飛ぶ春日和 [季節]

今日は天気予報では曇り空で時折雨という予報だったが、朝から晴れて気温がぐんぐん上がり夏日となった。
予報が外れるのは困ることが多いが、こういう外れは有り難い
ただ、予報で昨日より今日の方が天候が悪いとの事だったので昨日洗濯したが、今日の方がよく乾いて良かったなぁとちょっと恨めしい

咲いていた菜の花に来ていた「ベニシジミ」。
少し前から見ていたのだが撮ったのは今年初めてだった。
ベニシジミ0407.JPG



















地面近くを飛んでいた「アカタテハ」。
どうやら産卵する幼虫の食草のカラムシを探している様で、とまるのを待つとやはり葉を展開していたカラムシにとまってお腹を曲げて産卵した。
様々な植物が一斉に出てきた中でカラムシを見つけるのはじっくり見ないとわからないが、アカタテハが教えてくれた。
アカタテハ0407.JPG



















林縁の前にあるため池の上空に何かが飛んでいた。
何だろうとよく見ると「アブラコウモリ」だった。
コウモリの仲間は夜行性で、夜に現れ飛んでいる蛾などを捕食するので昼間に見ることはほとんどない。
何でこの時間に飛んでいるのかわからないが明るい中で飛ぶ姿を見られたのは嬉しい!
よく見ると左の羽に小さな穴が開いているが、こういった穴は再生するらしい。

この少し前に出会った今日休みの若い同僚がこちらに走ってきた。
コウモリが飛んでいると話したら、先に見つけていて低い場所を飛んでいたのでバイクに置いてきた望遠レンズを取りに戻っていたとの事。場所に着いたが既にコウモリは林内を飛んでそのうち姿を消してしまい同僚はいいショットを撮れなかったようだ。
これは他人事ではなく、いつ何が出ても撮れる体制をとっていなければ後悔するなと改めて自分事として思ったのだった。写真はコンデジで撮ったので納得いくものでは無いのだが・・・
アブラコウモリ0407.JPG



















このすぐ近くで毎年楽しみにしている風景がある。
コナラなどが芽吹く前の雑木林でヤマザクラが咲き、手前の湿地のタチヤナギの黄緑色の葉が芽吹き黄色い花が咲くその淡い色のコントラストがとても美しい。
秋の黄葉も目を惹くが、春のこの時期の生命力あふれる風景が1年で最も美しいと思う
今日もその景色を眺めてうっとりするのであった
春景色0407.JPG



















2024年4月7日 東京都 チョウ目シジミチョウ科 ベニシジミ、タテハチョウ科 アカタテハ、コウモリ目ヒナコウモリ科 アブラコウモリ

nice!(0) 

4月に入り暖かくなって [季節]

いよいよ4月、新たなスタートを切る人たちも多くいるだろう
個人的には環境に何の変化も無いが、気持ちを新たに何事にも取り組みたいと思う

暖かさで様々ないき物たちが見られるようになり、いつも見られる場所でカタバミの花を探したがまだのよう、代わりにキューリー夫人こと「キュウリグサ」が咲いていた。淡い水色の花弁に黄色い輪っかが可愛らしい
キュウリグサ0401.JPG



















草地を歩くと小さなバッタがピョンピョン跳ねた
飛んだ先を探してみると小さな「キリギリス」の幼虫だった
少し前にコバネヒメギスの幼虫も見ていて、バッタの仲間よりキリギリスの仲間の方が孵化が早いのかもしれない
唯一、ヒナバッタの幼虫は既に姿を見ているのでバッタの仲間ではヒナバッタがトップバッターだろう
キリギリス0401.JPG



















春と言えばスミレの仲間でアオイスミレ、エイザンスミレは終盤、コスミレ、タチツボスミレが見頃、ぽつぽつ「ヒメスミレ」が見られるようになった。小さな花で太い距に上弁がうさぎの耳のように立つのも特徴
ヒメスミレ0401.JPG



















スミレの花に訪れていたのは春の妖精「ミヤマセセリ」のメスだったが、近付くと飛んで枯葉の上にとまった
前翅の斑が白いのがメスの特徴で、いよいよミヤマセセリも発生の終盤になってきた
ミヤマセセリ0401.JPG



















草はらに白っぽいシジミチョウが飛んでいて、ルリシジミかなととまるのを待って見ると後翅端のオレンジ色があったので「ツバメシジミ」。翅表のblueが美しいオスだった
ツバメシジミ0401.JPG



















31日には成虫越冬していた「ヒオドシチョウ」の姿を初確認
これから産卵して、間もなくのエノキの芽生えと共に孵化する幼虫たちを見るのが楽しみになってきた
ヒオドシチョウ0401.JPG



















ようやくソメイヨシノやヤマザクラが見頃になってきたが、もうすでに「ウワミズザクラ」が蕾をつけていた
いくらなんでもちょっと早くない?
ウワミズザクラ0401.JPG



















2024年3月31日、4月1日 東京都 ムラサキ目ムラサキ科 キュウリグサ、バッタ目キリギリス科 キリギリス、キントラノオ目スミレ科 ヒメスミレ、チョウ目セセリチョウ科 ミヤマセセリ、シジミチョウ科 ツバメシジミ、タテハチョウ科 ヒオドシチョウ、バラ目バラ科 ウワミズザクラ

nice!(0)