SSブログ

カワラヒワとアオバアリガタハネカクシ [自然]

昨日の休みは野鳥調査のアルバイトで埼玉県の山地へ行って来た。
調査中に声が聞こえて見上げると、頭上の電線に黄色い鳥が止まっていた。
おおっ、マヒワかとよく見ると「カワラヒワ」のオスだった。
fieldで冬鳥のマヒワは体が鮮やかな黄色で、群れが現れると長いレンズを持ったアマチュア写真家たちが列をなすほどの人気の鳥だ。
だが、同じ仲間のカワラヒワはだれも見向きもしない。
この鳥も冬に群れをなして枯れた草地で種を食べているのをよく見かける。
留鳥と言われるが夏に見た記憶はあまりない。
キリリ、コロコロと特徴のある声が目印で、高い枝先でビーン♪と鳴くのでいつもミスタービーンと呼んでいる。
カワラヒワ0316-1.JPG



















電線には上からメスメスオスオスがほぼ等間隔で仲良く並んでいた。
これから春になるとビーン♪という声が多く聞かれるだろう!
カワラヒワ0316-2.JPG



















数日前に田んぼの畔の看板に貼っていたポスターが剥がれて飛んでいたので、一旦剥がれたポスターを畔に置き両面テープを付けようとしたら、ポスターに以前貼ってあった両面テープに虫が付いていた。
湿地周りで見られる「アオバアリガタハネカクシ」だった。
ハネカクシの仲間のこの虫は、卵から成虫までの全ステージでペデリンという毒性物質も持っていて体液が体に付くと水膨れができやけど虫と呼ばれ危険生物とされている。

普通に見られるようだが体長6-7㎜と小さいので目に触れる機会は少ないが注意が必要だ。
隣の小さいのはトビムシの仲間だろう。
アオバアリガタハネカクシ0314.JPG



















2021年3月16日 埼玉県、東京都 スズメ目アトリ科 カワラヒワ、コウチュウ目ハネカクシ科 アオバアリガタハネカクシ

nice!(0) 

頭上に [自然]

ソメイヨシノの古木の3mほどの頭上の股に着生していた「マツバラン」。
ランと名に付くがシダの仲間で本州中部以南に自生する。
環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されているが、何故ここに?
知る限り他では見たことが無い。
常緑のシダ植物でずっと観察してきたが、先日見に行くと褐色になっていた。
枯れたのだろうかととても気になる。
今後も動向を見守りたい。
マツバラン_1.jpg



















見上げるまでに大きく成長した「マンサク」。
写ってはいないがところどころに枯れた葉が付いているのでシナマンサクだろうか?
同定のポイントは色々あるが、植栽でこの錦糸卵のような花弁を見ているともうどちらでもいい。
これはどちらですかと聞かれると困るのだが・・・。
マンサク.JPG



















見上げた枝に荒く組まれた巣がある。
昨年、丘陵で繁殖を確認した「ミゾゴイ」の巣だ。
東京都、環境省で絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
間もなく巣立ちかと思われた矢先に1羽のヒナも親も姿を消した。
巣が荒らされた形跡はなく直下に羽根も落ちておらず、その後行方知れずだった。
巣立ったなら周辺で親子の姿が確認されるであろうから、ヒナが何かに襲われたと思われるのが妥当だろう。
来年もここに来て、人知れず繁殖してくれることを期待したい。
身勝手なたくさんの大砲が並ぶことは絶対に避けたいものだ!
ミゾゴイ巣.JPG



















2021年東京都 マツバラン目マツバラン科、ユキノシタ目マンサク科 マンサク、ペリカン目サギ科 ミゾゴイ

nice!(1) 

オスにモテモテ[黒ハート] オオカマキリ、ショウリョウバッタのメス [自然]

昨日、今日と休みだったが、出かけたのは近くのドラッグストアーとコンビニへの買い物くらい。
夜は涼しくなって昼の気温も少しは下がったが、まだまだ暑い。

昔撮った写真を見ていたら、面白いのを撮っていた。
以前このblogでも紹介したが、虫の中でも魅力のあるメスたちがいるようだ。

オス3頭を従えた「オオカマキリ」のメス。
背中に乗ったオスは比較的安心かもしれないが、横の2頭はいつ食べられてもおかしくない位置にいる。
この後どうなったか残念ながら見届けることが出来なかった。
オオカマキリ1.JPG



















こちらは何とオス4頭が乗っかった「ショウリョウバッタ」のメス。
見つけた時には何がどうなっているのかよくわからなかった。

オオカマキリもショウリョウバッタもたまたまメスが少なくて集中したのか、それともメスがあまりに魅力的だったのか?何とも厳しい競争だ。
ショウリョウバッタ.JPG



















東京都 カマキリ目カマキリ科 オオカマキリ、バッタ目バッタ科 ショウリョウバッタ

nice!(1) 

オニグルミを探してみると [自然]

以前バイバラシロシャチホコの若齢幼虫を見つけたオニグルミ、その後時折見てみたがあの幼虫たちの姿を見ることはなかった。
この日、何かいないか探してみると、目に付いたのはお尻にアンテナピン!頭の上には触角のようなものがある幼虫。これらの特徴から「エゾスズメ」と思われる。
コンデジで撮ったので後日一眼でと探したのだが残念見つからなかった。
※Iさんからモンホソバスズメまたはアジアホソバスズメの幼虫ではないかとのご指摘をいただきました。
エゾスズメ0809.JPG



















他には仲良く葉を食べるハバチの幼虫。
ハバチ0813_1.jpg



















こちらでは群れで食事中の「トサカフトメイガ」の若齢たち。
このところヌルデなどでもこの集団が見られるようになった。
ところでオニグルミの葉は触るとべたつくことから食べると甘いのだろうか?
色々な虫たちに人気の木だ。
トサカフトメイガ0813_1.jpg



















出会えて嬉しい虫と言えば翅の模様が美しい「アミメリンガ」だ。
久しぶりの再会だったが、数枚撮ると飛ばれてしまった。
幼虫の食樹はオニグルミなので、またいつか会えるだろう。
アミメリンガ0813.JPG



















2020年8月9,13日 東京都 チョウ目スズメガ科 エゾスズメ、ハチ目ハバチ科 ハバチsp.、チョウ目メイガ科 トサカフトメイガ、コブガ科 アミメリンガ

nice!(1) 

小さなヤナギの小さな酒場 [自然]

今、谷戸では「ミズタマソウ」が花盛りだ。
花と言ってもとても控えめで小さいが、花の根元の実になる毛の生えた子房と茎の節の赤色など植物体をトータルで見るとなかなか奇麗で毎年眺めて楽しんでいる。
花の後、毛の生えた実を水玉に見立てたようだが、雨の後に見る実はたくさんの毛が水を蓄えてほんとに水玉に見えるのもなかなか興味深い。
ミズタマソウ0731.JPG



















谷戸の奥にある小さなヤナギには毎年いくつもの小さな酒場がオープンする。
小さいので定員は2人か3人で満員。
細い枝の酒場のお客は「クロコノマチョウ」だった。
今年は見る機会が多く、幼虫たちもあちこちのススキやオギで見られる。
クロコノマチョウ0731.JPG



















幹の酒場には立派な角の「ノコギリクワガタ」がご来店。
でもよく見るとお目当ては先客のメスのようでしっかりガードしていた。
ノコギリクワガタ0731.JPG



















ヤナギの隣のヌルデの枝には「カブトムシ」のメスがいた。
ここに酒場は無いので、ヤナギからたまたまヌルデに飛んで来たのだろう。
小さいながらも人気のこの店、これからもちょくちょく顔を出してみよう。
カブトムシ0731_1.jpg



















2020年7月31日 東京都 フトモモ目アカバナ科 ミズタマソウ、チョウ目タテハチョウ科 クロコノマチョウ、コウチュウ目クワガタムシ科 ノコギリクワガタ、コガネムシ科 カブトムシ

nice!(1) 

オオカマキリ幼虫とナミテントウと [自然]

小川沿いの草の茎にいた「オオカマキリ」の幼虫が何かをカマで捉えていた。
そろそろ終齢に近い大きなカマに小さな黒い獲物だ。
オオカマキリ0731-1_1.jpg





























捕まっていたのはどうやら「ナミテントウ」。
テントウムシを捕食しているシーンは時折見かけるが、こんなに小さなものでも少しは腹の足しになるのだろう。
獲物にありつけない状況では何でも食べなければ、自分の命が危ういということもあるだろう。
オオカマキリ0731-2_1.jpg



















一方のナミテントウは鋭いカマでもつかまり難い丸いツヤツヤの体で危険を察知すると脚の関節から黄色く臭い汁を出し敵から身を守る。
そんな防御の上を行くカマキリは草はらにいる虫たちの中ではてっぺん、さすがカマキリ先生といったところか。
カメムシをむしゃむしゃと食べるカマキリを見ていると、臭いにおいなど感じないのか全く無力だ。
この状況を見て、逃げろ、ナミテントウ!って思ってしまった・・・。
オオカマキリ0731-3.JPG



















2020年7月31日 東京都 カマキリ目 カマキリ科 オオカマキリ、コウチュウ目テントウムシ科 ナミテントウ

nice!(0) 

雨の昆虫酒場で [自然]

雨の昆虫酒場にふらりと立ち寄ってみた。
最初は小さなヤナギのレストラン。
入口にたまたまいたのは「ニイニイゼミ」。
ニイニイゼミ0704_1.jpg



















お客はノコギリクワガタのオスとカナブンだけだった。
ノコギリクワガタ0721.JPG



















2件目の大きなクヌギのレストランにはオオムラサキがやって来ていた。
オオムラサキ0721-1_1.jpg



















低い場所で普段はここで姿を見たことが無いが、雨で人も来ないからだろうか。
近付いてもよっぽどうまいのか、空腹だったのか全く動じないのでじっくりと食事シーンを見ることが出来た。
オオムラサキ0721-2.JPG



















2020年7月21日 東京都 カメムシ目セミ科 ニイニイゼミ、コウチュウ目クワガタムシ科 ノコギリクワガタ、コガネムシ科 カナブン、チョウ目タテハチョウ科 オオムラサキ

nice!(0) 

美味しそうな花の陰には・・・ [自然]

カエンタケを見に行った折、花や虫も探してみた。
「チダケサシ」は見頃を少し過ぎた頃だろうか。
下から上へ咲きあがるのはオカトラノオと同じで、これらの花はいつが見頃といえばよいかいつも悩んでしまう。
チダケサシ0716_1.jpg





























丘陵のfieldではまだ蕾もついていない「メハジキ」がもう咲いていた。
ここはおおむね1週間ほど植物の開花が早い。
メハジキ0716_1.jpg





























メハジキの花に翅の傷みの無い奇麗な「ダイミョウセセリ」が訪れていた。
5月頃によく見られたが一旦姿を消しまたこの頃2化目が見られるようになってきた。
ダイミョウセセリ0716-1_1.jpg



















不自然なとまり方はやはりクモに捕まっていた。
メハジキの花の色に紛れる真っ白な姿からアズチグモのメスだろう。
美味しい蜜にありついたと思った瞬間に捕らえられて命を奪われる。
チョウにとって運が悪かったではすまされない、このクモにとってはこれが生きるために得た戦略。
ダイミョウセセリ0716-2_1.jpg



















林内を歩いていると足元から目の前に飛び出した「クロコノマチョウ」。
このチョウも落ち葉の上ではアズチグモに負けず劣らずの擬態で動かなければわからないが、こうして飛んで葉上にとまると目立ってしまう。きっと動かなかったら僕に見つからなかったろうに。
獲物を捕まえるための攻撃擬態(ペッカム型擬態)、敵から身を守る隠蔽擬態、それぞれ巧みな技だ。
クロコノマチョウ0716_1.jpg



















2020年7月16日 東京都 ユキノシタ目ユキノシタ科 チダケサシ、シソ目シソ科 メハジキ、チョウ目セセリチョウ科 ダイミョウセセリ、タテハチョウ科 クロコノマチョウ、クモ目カニグモ科 アズチグモ

nice!(1) 

風に運ばれた謎のもふもふ [自然]

風が強かった昨日、芝生の上を風でころがる小さなもふもふを見つけた。
何だろうとみると小さな毛玉だった。
見た目から植物ではなく鳥類のもののようでもない。
哺乳類のもののように思えた。
なぞのもふもふ0209-1_1.jpg



















そういえば過去にも同じようなものを見た覚えがある。
ひっくり返してみると毛玉の奥に肉塊のようなものが見えることからタヌキか何かのもののように思うが、ここでこのところタヌキは見ていない。
さて、いったい何のもふもふだろうか?
なぞのもふもふ0209-2_1_1.jpg



















2020年2月9日 東京都 謎のもふもふ

nice!(0)  コメント(4) 

テングチョウとは見間違わないイカリモンガのオレンジと濃い褐色のトノサマバッタ [自然]

今日も冷たい雨だった。
このところ、秋晴れが続かずだが明日は晴れそうだ!


少し前、この日も小雨が降るどんよりとした天候だった。
歩いていると林縁から鮮やかなオレンジ色のチョウが飛んだ。
テングチョウかとも思ったが、飛び方や色味に違和感があり後を追った。
テングチョウでなければあの種しかいない。
とまったところを見ると、そうまさしくの「イカリモンガ」だった。
昼行性のガの仲間で吸蜜するところをたまに見られるが、出会う機会は非常に少ない。
イカリモンガ1019_1.jpg



















草はらでは足元から飛ぶ褐色の大きなバッタがいた。
大きさから「トノサマバッタ」かと思ったが、記憶にあるトノサマバッタと色味が異なった。
捕まえてみるとやはりトノサマバッタだったが、こんなに濃い褐色の個体を見るのは初めてだった。
種とその色、知っているようでまだまだ知らない事が多くあると再認識したのだった。
トノサマバッタ1017_1.jpg



















2019年10月17日 チョウ目イカリモンガ科 イカリモンガ、バッタ目バッタ科 トノサマバッタ

nice!(1)  コメント(2)