SSブログ
前の10件 | -

秋ですねぇ [季節]

湿地の脇で咲いていた「ハッカ」の花。
淡いピンク色とまん丸く集まっている様がお気に入りだ。
葉っぱを揉んだ時の爽やかな香りも!
ハッカ0917.JPG



















林縁では丘陵で見られる場所は限られる「アキノキリンソウ」。
信州などではびっくりするような大きな株があちこちで見られるが、ここでは小さくひっそりと。
アキノキリンソウ0917.JPG



















今花盛りの「ノダケ」にはお決まりの「ヒメスズメバチ」が来ていた。
他のスズメバチたちもやって来るが、個人的にはこの花で最もよく見るスズメバチだ。
ヒメスズメバチ0917.JPG



















真っ赤に色付いた「ミヤマアカネ」のオスを見ると、秋を感じるなぁ!
これからは見られる虫たちが減る一方で、寂しくなる。
ミヤマアカネ0917.JPG



















2021年9月17日 東京都 シソ目シソ科 ハッカ、キク目キク科 アキノキリンソウ、セリ目セリ科 アキノキリンソウ、ハチ目スズメバチ科 ヒメスズメバチ、トンボ目トンボ科 ミヤマアカネ

nice!(0) 

この日のトイレは [季節]

今年から24時間灯りが付いているトイレがある。
何か居残りがいないか見て見ると、壁にいた「ヒメツユムシ」。
名にツユムシと付くがツユムシ科ではなくササキリモドキ科に属し、樹上生活者のため灯りに来ている以外はまず目にすることは無い。
この個体は今まで見た中で最小だった。
ヒメツユムシ0917.JPG





























外壁にはヒメツユムシに比べると大きな「セスジスズメ」がいた。
近くのヤブガラシで育ったのだろう。
幼虫は毎年あちこちで見かけるが、成虫とは久しぶりで嬉しい出会いだった。
しかし残念ながらこの日はこの2種だけとちょっと寂しい・・・。
セスジスズメ0917.JPG



















コナラの葉を集団で食べていたのは「ツマキシャチホコ」の幼虫たち。
毛と色が毒々しいが無毒とされている。
毒がなくてもアレルギーのある方は炎症を起こす可能性があるので触らる神にたたりなしである。
ツマキシャチホコ0917.JPG



















2021年9月17日 東京都 バッタ目ササキリモドキ科 ヒメツユムシ、チョウ目スズメガ科 セスジスズメ、シャチホコガ科 ツマキシャチホコ

nice!(0) 

このまま越冬するのか? アカスジキンカメムシ成虫 [カメムシ目]

先日、アカスジキンカメムシの幼虫たちがいたコブシを見に行ってみた。
台風の影響で強風が吹いたからか、元いた葉には見つからず周りの葉に分散していた。
そんな中、前には見られなかった成虫の姿がいくつかあった。
体の色艶や発色はとても美しく、新成虫ではないかと思われた。
アカスジキンカメムシ0921-1.JPG



















アカスジキンカメムシは様々な図鑑を見ても5齢の終齢幼虫で越冬するとあるが、この時期に成虫になったとすればこのまま冬を越すのではないか。
netで調べると真冬に成虫を確認したという記事がいくつか見られた。
近くには根元の落ち葉の下で幼虫越冬を確認しているヤマボウシがあるので、冬に成虫がいないか確認してみたい!
アカスジキンカメムシ0921-2.JPG



















2021年9月21日 東京都 カメムシ目キンカメムシ科 アカスジキンカメムシ

nice!(0) 

クマバチの盗蜜 [ハチ目]

湿地ではツリフネソウの淡い紫色の花が見頃となっていた。
くるんとしたお尻が可愛い!


そんな花には蜜を求めて色々な虫たちがやって来るが、何せ蜜があるのはくるんとしたお尻。

なのでそこまで届く長い口を持つものだけが蜜にありつける。
その代表種はホウジャクの仲間。
こんな長いストローを持っていないとこの花の蜜を吸うことは出来ないのだ。

ホシホウジャク.JPG



















この日花に来ていたのは「クマバチ」だった。
クマバチは齧る口で長いストローは持っていない。

ではどうするのか?

クマバチ0917-1.JPG





















花の正面ではなくお尻の方に顔を向けてとまった。
大きな頭とあごでは到底蜜にはありつけない。
クマバチ0917-2.JPG



















そうそれは反則技とも言える、その顎で蜜のある所を齧って蜜を吸うのだ。
これを盗蜜という。
自分の持っているものを最大限利用して食事にありつく。
大したものだと感心する!
クマバチ0917-3.JPG



















2021年9月17日 東京都 フウロソウ目ツリフネソウ科 ツリフネソウ、チョウ目スズメガ科 ホシホウジャク、ハチ目ミツバチ科 クマバチ(キムネクマバチ)

nice!(0) 

ある日のカメムシたち [カメムシ目]

サクラの幹にいた「キマダラカメムシ」。
いつもこの辺りのサクラで姿を見掛けるので、あぁいたいた!
東南アジア原産の外来種で長崎から広がり分布域を拡大している種だ。
キマダラカメムシ0917-1.JPG



















他の木には幼虫も。
体の黄色い縁取りと背中の赤い斑が印象的。
キマダラカメムシ0917-2.JPG



















コブシの葉の上には「ミナミトゲヘリカメムシ」の集団がいた。
若齢から終齢、成虫も。
こちらは在来の南方種で分布を北へ拡大中だ。
ミナミトゲヘリカメムシ0917.JPG



















コブシの本命はこちらの「アカスジキンカメムシ」だった。
実で食事中だったような幼虫。
アカスジキンカメムシ0917.JPG



















葉の上には大小、白赤の幼虫たち。
ちょっと探してみたが、美しい成虫は見つからなかった。
また探してみるとしよう!
アカスジキンカメムシ0917-1.JPG



















2021年9月17日 東京都 カメムシ目カメムシ科 キマダラカメムシ、ヘリカメムシ科 ミナミトゲヘリカメムシ、キンカメムシ科 アカスジキンカメムシ

nice!(1) 

ハネナガかコバネか? 稲の子 イナゴ

田んぼの稲がいよいよ穂を垂れ実ってきた。
畔を歩くとそれはそれはたくさんのイナゴたちが右に左に飛んで田んぼにダイブする。
この光景を是非撮りたいと思いながらもまだ納得いくものが撮れないでいる。

イナゴは稲子とも書くようにまさに田んぼと共に生きてきたバッタだ。
一見同じようでもコバネイナゴとハネナガイナゴの2種がいる。
昔どこの田んぼでも農薬が使われイナゴたちは激減。
その後、早くに復活したコバネイナゴに対してハネナガイナゴはなかなか見られず、埼玉県のように今でも絶滅危惧種に指定されているところがある。

丘陵の無農薬の田んぼでも10年ほど前はほとんどがコバネイナゴだったが、5~6年前くらいだろうか翅の長いイナゴが目立つようになり同定するとハネナガイナゴだった。
今は2種とも共に同じくらいの数が見られ、ハネナガの方が早く成虫になり少し遅れてコバネが現れ初冬まで見られる。
識別は名の通り腹端より翅が短いのがコバネイナゴで長いのがハネナガだが、コバネにも翅の長い長翅型がいて厄介だ。他にも識別方法は色々あるが、捕まえて細部を見なければならず面倒くさい というより捕まえた時に口から出す茶色い汁が苦手なのだ。


これは翅が短いので「コバネイナゴ」で良さそうだ。コバネイナゴ0916-1.JPG




















茎や葉に団子状態であちこちの葉が食べられまくっているが、稲はちゃんと実っているので心配はないのだろう。
イナゴ0916.JPG



















カップルや交尾を探したが案外見つからない。
ようやく見つけたカップルはこれまた微妙な翅の長さだがこちらも恐らくコバネ。
仕事で種を特定しなければならない時はシビアだが、まぁ普段はイナゴとひとくくりでいいだろう。
両種を見慣れた方なら、見ただけでわかるのだろうな。
イナゴ0916-1.JPG



















2021年9月16日 埼玉県 バッタ目バッタ科 コバネイナゴ

nice!(0) 

峠のコンビニでヤママユ [チョウ目]

勤務場所によって通勤時に蛾が良く集まる峠のコンビニの前を通る。
今朝はそんな日だったが、買うものがなかったのでコンビニ前をゆっくり車を走らせた。

すると壁に大きな蛾の姿が!
道を走っている車からもわかる大きさなので、これはヤママユだろうと寄ってみた。
平日だがコンビニは凄く混んでいて、駐車場は満車でかろうじてとめられたほど。
思った通りのヤママユで、今年初めて生きたものに出会えた!
ヤママユ09117-1.JPG
















翅は傷んでいるものの大きくて迫力がある褐色のオスだった。
翅を広げた大きさは手のひらサイズで、これ程の虫はこのあたりではそうそういない!
いい一日の始まりだった!!
ヤママユ09117-2.JPG
















2021年9月17日 東京都 チョウ目ヤママユガ科 ヤママユ

nice!(1) 

シロバナマンジュシャゲとクロアゲハ [チョウ目]

久しぶりに訪れた小さな谷戸の入り口にある神社でヒガンバナが見頃となっていた。
以前はまばらに咲いていたのだが、かなり株数が多くなっている。
そういえば数年前に、ここで年配の女性の方から「ここのヒガンバナは私が植えたのよ」と聞いたのを思い出した。
日本のヒガンバナのほとんどは三倍体で種子が出来ないため、人が植えなければ広がらない。
※分球でも増えるとのご指摘をいただいた。球根が増えて密になっていくことはあると思われる。
あの方がその後も植え続けたのだろうか?
ヒガンバナ0916-1.JPG



















赤い彼岸花の中に白いシロバナマンジュシャゲも花を咲かせていた。
ヒガンバナとショウキズイセンの自然交雑種とも言われている。
ヒガンバナの別名がマンジュシャゲでその白花なのでシロバナマンジュシャゲなのだろうが、なぜシロバナヒガンバナではないのだろう?別名がシロバナヒガンバナのようだ。
シロバナマンジュシャゲ0916.JPG





























ヒガンバナを見ていると「クロアゲハ」が飛んで来て、シロバナマンジュシャゲの蜜を吸い始めた。
赤いヒガンバナに黒いチョウの方が見栄えがするのでヒガンバナに来るのを待っていたが、いくら待っても吸蜜するのはすべてシロバナばかりで結局ヒガンバナにはとまらなかった。
不思議だ。
クロアゲハ0916-1.JPG



















翅や体は黄色い花粉だらけだった。
本来はチョウは花から蜜をもらい花はチョウが花粉を媒介することで結実するというWINWINの関係だが、ヒガンバナの場合はチョウだけに利があるようだ。
クロアゲハ0916-2.JPG



















2021年9月16日 埼玉県 キジカクシ目ヒガンバナ科 ヒガンバナ、シロバナマンジュシャゲ、チョウ目アゲハチョウ科 クロアゲハ

nice!(1) 

里山をぶらり [季節]

今日は予報に反して秋晴れとなった。
先日以前使っていた標準ズームレンズを新しいものに買い替えたので試し撮りがしたく、他に調べ事もあり里山のfieldへ。稲穂が垂れて黄金色に色付くのも間もなくだ。
例年ならウスバキトンボの群れが見られるが、今年はほとんどいない。
これからなのか?
秋の里山0915.JPG



















池脇のオギの葉に「オオトリノフンダマシ」の卵嚢があった。
探したが、残念ながら母さんは見つからなかった。
オオトリノフンダマシ卵嚢0915.JPG



















小川沿いのイノコヅチの葉上で見つけた「ヒトツメカギバ」。
羽化して間もないのだろう。傷みがない美しい翅だった。
この真上にミズキの枝が伸びているので、そこで育ったに違いない。
ヒトツメカギバ0915.JPG



















畔の脇では「オニヤンマ」が休憩中。
歩いていて目の前で気付いたが飛ぶ気配がなく1枚撮ってもっと近くでと思ったらさすがにさっと飛んでしまった。
オニヤンマ0915.JPG



















畔の上には大きな蛾が羽を広げて死んでいた。
今年まだ未見の「クスサン」のようだ。
無事に寿命を全う出来たのだろうか?
ヤママユ0915.JPG



















2021年9月15日 東京都 クモ目ナゲナワグモ科 オオトリノフンダマシ、チョウ目カギバ科 ヒトツメカギバ、ヤママユガ科 クスサン、トンボ科オニヤンマ科 オニヤンマ

nice!(0) 

トゲナナフシの擬態 [ナナフシ目]

先日紹介した「トゲナナフシ」だが、見つけたのが石垣で実際に林縁の地面にいたならどんな感じかと撮ってみた。
なるほど、トゲナナフシの事を考えずここを歩くとまずこんな虫がいることは想像もつかないだろう。
先日中脚と後脚の付け根の白い部分が気になったが、こうしてみるとそれは枯れ枝に付着した菌類を模しているように思えた。
トゲナナフシ0912-1.JPG



















体にあるトゲトゲは捕食者が食べにくいようになのか、それとも棘のある枝に擬態しているのか?
こんな鋭い棘を持つ植物で思いつくのは、この辺りではハリエンジュかカラスザンショウかはたまたウコギの仲間あたりか。
トゲナナフシ0912-2.JPG



















ナナフシの仲間は、通常前脚を体に沿わせて伸ばして枝に擬態している。
伸ばした時に両側に膨らんだ頭が邪魔になり体に沿って真っすぐには伸ばせないので、頭に添うように前肢の付け根付近が湾曲した形をしている。
この時はそのポーズをとってはくれなかったが、そうなればますます見つけることは至難の業だろう!
トゲナナフシ0912-3.JPG



















2021年9月12日 東京都 ナナフシ目ナナフシ科 トゲナナフシ

nice!(0) 
前の10件 | -