SSブログ

ホトトギスが賑やか [鳥類]

尾根道を歩いていると今年巣立ったヒナ、若鳥と言った方がいいのか?声がした。
その方向を丹念に探してみると、ヒサカキの枝にいたのは「ヤマガラ」。
ヤマガラ0526-1.JPG



















ん~、カワイイ!
この姿を見るとヒナでいいような・・・
ヤマガラ0526-2.JPG






















けたたましく響く「東京特許許可局」♪という囀りは夏鳥の「ホトトギス」。
聞きなしではそう聞こえるらしいが、皆さんにはどう聞こえているだろうか?
WEBで検索する際は鳥 ホトトギスとしないと植物のホトトギスがヒットする。
魚のゴンズイも同じくだ。余談(^^

声の方をさんざん探してようやくすぐ道脇のコナラのてっぺんの枝先にいた!
下から見上げる枝なのでこんな角度。
ホトトギス0526-1.JPG



















どうもこの辺りには2羽のオスがいて縄張りをせめぎあっている様子。
ホトトギスはウグイスの巣に卵を産んで育ててもらう托卵という習性があり、孵ったヒナはウグイスの卵やヒナを巣の外に突き落としウグイスに育ててもらう。
カッコウ、ジュウイチ、ホトトギスは産むだけで子育てはしないという何とも不思議で理解できない習性だ。

今日のblogネタを何にしようとこの写真を編集中に外からタイムリーに東京特許許可局が聞こえてきた。
夜中も鳴きながら飛んでいる。
なので今日はホトトギス

ホトトギス0526-2.JPG



















2024年5月26日 東京都 スズメ目シジュウカラ科 ヤマガラ、カッコウ目カッコウ科 ホトトギス

nice!(0) 

トラカミキリの仲間 [コウチュウ目]

このところちょくちょくトラカミキリの仲間が見られるようになってきた。
先日ナラ枯れのコナラの樹液に来ていた前胸背が赤いトラ。
そっくりさんにブドウトラカミキリがいるが体形から、「ムネアカトラカミキリ」だろう。
ムネアカトラカミキリ0518.JPG



















埼玉県の東秩父村で調査の休憩時に、ふと車を見るととまっていた黄色いの。
キイロトラカミキリ0522-1.JPG




















こちらはスリムでシャープな印象。
黄色い体に褐色の模様がなかなか奇麗だ。
キイロトラカミキリ0522-2.JPG




















狭山丘陵のfieldでも見られる「キイロトラカミキリ」。

この個体は模様の色が褐色だが黒い模様のものが多いような気がする。
花や積んである材などでよく見られるが動きが早くてトラカミキリの仲間は撮るのに往生する。
次はどんな種が見られるか楽しみだ!
キイロトラカミキリ0522-3.JPG




















2024年5月18日東京都、22日埼玉県(丘陵外) コウチュウ目カミキリムシ科 ムネアカトラカミキリ、キイロトラカミキリ

nice!(0) 

日本自然科学写真協会(SSP)第45回SSP展開催 [告知]

本日5月24日(金)から30日(木)まで日本自然科学写真協会(SSP)第45回SSP展が始まりました。
まずは東京展、東京六本木の富士フイルムフォトサロン東京から。
東京ミッドタウン0523-1.jpg






























東京ミッドタウン0523-2.jpg





























昨日の23日、設営作業。
SSP展2024-1 (3).jpg



















SSP展2024-4.jpg



















SSP展2024-3.jpg



















設営は理事の高島清明さん、富田皐生さん、大沢夕志さんと。
是非、お立ち寄りくださいませ!
SSP展2024-5.JPG















東京展以降のスケジュールはこちら。
第45回SSP展.JPG












2024年5月24日


nice!(0) 

絵本作家 伊藤知紗さんの新刊、「カニのダンス」のご紹介 [本]

絵本作家の伊藤知紗さんが絵を越智典子さんが文を担当された新刊、福音館書店のちいさなかがくのとも 6月号「カニのダンス」のご紹介。
カニのダンス.JPG

























普段は仕事も休日も丘陵のfield通いで、海でじっくりカニを見たのはもう何十年も前の事。
潮風の匂いや海の輝き、遠くに行き交う船、海を感じながら海辺やテトラポットで生きものを観察したいなぁとこの本を読んで思った。
いつもながらの優しく細やかな伊藤さんの3種のカニの描写、越智さんのリズミカルで楽しい文、それぞれのダンスを実際に見てみたいなぁ!
カニのダンス2.JPG


























2024年5月22日

nice!(0) 

サラサヤンマ ホバる [トンボ目]

池のほとりを歩いていると目の前をヤンマの仲間が飛んで傍らの草にとまった。
誰?
じっくり見ると今年初見の「サラサヤンマ」だった。
腹部の更紗模様が同定ポイント。
サラサヤンマ0521-1.JPG



















いつものfieldでは時々確認していたが、この場所で見たのは初めて。
葉裏から飛び立つと目の前を行ったり来たり、ところどころで長いホバリングをしてくれた。
一眼を持っておらず、コンデジで何とか。
この個体ほど頻繁に近くでホバってくれたら一眼ならいい写真が撮れただろうなぁと残念に思うのであった。
サラサヤンマ0521-2.JPG



















2024年5月21日 東京都 トンボ目ヤンマ科 サラサヤンマ

nice!(0) 

第45回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2024-2025」東京展開催のお知らせ [告知]

私が所属する(一社)日本自然科学写真協会(SSP)の第45回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2024-2025」東京展が、5月24日(金)から30日(木)まで六本木の東京ミッドダウンにある富士フィルムフォトサロンで開催されます。
様々な分野のプロ、アマチュア写真家の素晴らしい写真、映像が展示されます。
是非、お立ち寄りいただければ幸いです。

富士フイルムフォトサロン東京 https://fujifilmsquare.jp/exhibition/240524_01.html

私はこの会に入会してから13年毎年出展させていただきましたが、今回は残念ですが見送りました。
作品はありませんが29日の10:00~16:00までは当番をしております。


東京展以降も各地で開催されますのでお近くの方は足を運んでいただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

第45回SSP展.JPG

nice!(0) 

美しい! オオアオゾウムシ [コウチュウ目]

今日は埼玉県中部の荒川河川敷。
停めた車をふと見ると奇麗な虫がとまっていた。
ゾウムシのようだが今まで見たことが無い。
手に乗せて草の上に置くとすぐに潜ってしまった。
何度か突いているとようやく顔を出してくれた。
オオアオゾウムシ0517-1.jpg



















大きさは15mmほど、体は黄色い粉が吹いたようで脚は青い。
調べると「オオアオゾウムシ」というらしい。
図鑑にはヤナギやタデ、ミズナラ、クルミなどを食べるとある。
狭山丘陵のfieldではお目にかかったことが無い。
オオアオゾウムシ0517-2.jpg



















この黄色いのはやはり粉で時間が経つと落ちてしまうらしい。
という事は、この個体はまだ羽化してそう経っていない個体なのだろう。
ここではこの他にも飛んでいる個体がいくつか見られた。
風に乗って柳絮が飛んでおり、近くにヤナギがたくさんあるようだった。
オオアオゾウムシ0517-3.jpg



















2024年5月17日 埼玉県中部(丘陵外) コウチュウ目ゾウムシ科 オオアオゾウムシ

nice!(1) 

4月末の虫たち [季節]

雑木林の林縁の高さ3mほどの葉上にいた「オオヒラタシデムシ」。
オサムシやシデムシの仲間は後翅が無く飛べない種がいるが、この種は飛ぶことが出来るのでこんなところにいるのだろう。この地で初夏にエノキの高い枝先のヒオドシチョウの幼虫たちを捕食するクロカタビロオサムシは後翅があり飛ぶことが出来るが木登りも得意で幹や細い枝も難無く登っていく。
オオヒラタシデムシの腹部背面は美しいblueだが、前胸背にもわずかにその輝きが見られた。
オオヒラタシデムシ0428.JPG





























湿地のビオトープの水面には「オオミズアオ」の翅が浮かんでいた。
鳥にやられたのだろう。
翅の根元には肉が付いていてアメンボがいた。
オオミズアオは毎年生きている個体になかなか出会えず、こうした死体ばかり見つかるのが残念だ。
オオミズアオ0428.JPG



















エノキの実生では越冬した特定外来生物の「アカボシゴマダラ」が蛹になっていた。
越冬した幼虫たちを観察してきたが、やはり鳥にやられたのだろうほとんどがいなくなっていてこうして蛹になったのは数少ない。
アカボシゴマダラ蛹0428.JPG



















「ウスバアゲハ」が林縁のタンポポの花に来ていた。
本来毎春数個体見られるかどうかだったのが、数年前にある場所を中心に爆発的に発生した。
それがようやく沈静化してかなり数が減った。
人為的な大発生だと考えているが、数が増えれば天敵などが増え食草も減るなどして発生数は減少する。
自然のメカニズムはうまくできているものだ。
数年前からカシノナガキクイムシが菌を媒介し広がったナラ枯れもようやく終焉が見えてきたように感じる。
ウスバアゲハ0428.JPG



















2024年4月28日 東京都 コウチュウ目シデムシ科 オオヒラタシデムシ、チョウ目ヤママユガ科 オオミズアオ、タテハチョウ科 アカボシゴマダラ、アゲハチョウ科 ウスバアゲハ

nice!(2) 

ヒゲブトハナムグリのメス

ハルジオンの花にいたコガネムシの仲間。
ん~、何か見たことが無いなぁと思いながらとりあえずコンデジで写真を撮っておいた。
ヒゲブトハナムグリメス0505.JPG



















今の時期ハルジオンで見られるのはコアオハナムグリやクロハナムグリばかり。
この色や形はやはり見たことが無い。
ヒゲブトハナムグリメス0505-1.JPG



















帰って調べるとどうやら「ヒゲブトハナムグリ」のメスのようだ。
オスは今まで時折見かけたがメスを見たのは初めて。
頭や前胸背は緑色で鞘翅は濃い紫色。
コンデジしか持っておらず、一眼マクロで撮れなかったのが残念だった。
ヒゲブトハナムグリメス0505-2.JPG



















過去に撮ったオス。
トナカイのような立派な角が印象的なハナムグリだ。
ヒゲブトハナムグリオス.JPG



















2024年5月5日 東京都 コウチュウ目コガネムシ科 ヒゲブトハナムグリ

nice!(1) 

トイレの壁の不思議な距離感 ホリカワクシヒゲガガンボ [ハエ目]

今日仕事の休憩中小雨が降る中屋外のトイレに行ったら、トイレの入り口壁面の端両側に何かがとまっていた。
ん~、誰だろう?
ホリカワクシヒゲガガンボ0513.JPG



















まず、左側のを確認。
とまっていたのは立派な櫛状の触角の「ホリカワクシヒゲガガンボ」のオスだった。
クシヒゲという名の由来はまさにこのオスの触角からだろう。
ホリカワクシヒゲガガンボオスー10513.JPG



















この種は朽ち木などに産卵し幼虫はそれを食べて育つという。
ホリカワクシヒゲガガンボオスー20513.JPG



















それではもう一方は ひょっとしてと見てみると、やはり同種のメスだった。
ホリカワクシヒゲガガンボメスー10513.JPG



















メスの触角は短い棒状でお尻の先は産卵器で尖っているのでオスとは区別がしやすい。
この周辺に産卵するような朽ち木などはない。
何故ここにオスメスがいるのだろうか?
と不思議に思うと共に、オスメスがとまっているこの距離がとても面白い!
何で・・・?
ホリカワクシヒゲガガンボメスー20513.JPG



















2024年5月13日 東京都 ハエ目ガガンボ科 ホリカワクシヒゲガガンボ



nice!(1)