SSブログ

ウスバカマキリ 2019 [カマキリ目]

僕が知る限り広い狭山丘陵で唯一、ある場所にしかいない「ウスバカマキリ」を探しに行った。
丘陵で普通に見られるカマキリは、オオカマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリの3種。
地域限定で見られる種が、チョウセンカマキリ(カマキリ)とこのウスバカマキリだ。
ウスバカマキリは一般的に背の低い草地を好み河原などで見られる。

数年前にこの場所にいることがわかり、毎年カマキリシーズンにはチェックしているのだ。
今年は時期が遅かったのか、なかなか見つからない。
オスは身軽で素早く飛んで逃げるのだが気配もなかった。
歩いていると低い草の中に見つけて写真が撮りやすいメドハギの茎に誘導した。
カマの根元内側の黒斑がウスバカマキリの特徴だ。

大きさはハラビロカマキリより少し小さいくらい。
ウスバカマキリ1017_1.jpg



















お腹の大きなメスだった。
今年も出逢えて良かったなぁ!
無事産卵して来年もまたよろしく!!
ウスバカマキリ1017-1_1.jpg





























探しているとさらにこちらも低い草の中にもう一匹。
体色が淡いオレンジ色のメスだった。
良く見ると右目に傷を負っていた。
ウスバカマキリ1017-2_1.jpg



















何故こんなことになったのか?
確かに動きは緩慢だったが、それでも左目は見えるのだろうから頑張れ!
ウスバカマキリ1017-3_1.jpg



















2019年10月17日 東京都 カマキリ目カマキリ科 ウスバカマキリ

nice!(1)  コメント(2) 

良く目立つオオカマキリ [カマキリ目]

いよいよセミの声も少なくなりコオロギたちの声が多く聞かれるようになってきた。

歩いているとあちこちに「オオカマキリ」の姿が目に付く。
みな成虫になりこれだけ大きいとやはり目立つのだ。
咲いているメナモミの茎に下向きにとまっているのを見つけた。
オオカマキリ1002-1_1.jpg



















通り過ぎて見返すと何かがお腹あたりに。
よく見ると「ヤマトシリアゲ」だった。
この虫がいるという事は・・・。
このカマキリは何らかの理由でここで息絶え、その死臭を嗅ぎ付けてシリアゲたちが集まっていたのだった。
オオカマキリ1002-2_1.jpg



















交尾をしながら食事中だったようで近づくとメスは逃げ、オスが翅を広げたり閉じたりしながら威嚇をしてきた。
この行動が威嚇なのかどうかはわからないがそのように見えた。
ヤマトシリアゲ1002_1.jpg



















田んぼ脇の小川沿いに生えたオギにもお腹の大きなオオカマキリのメスのシルエットがあった。
無事に次の世代にバトンを渡すことが出来るだろうか?

オオカマキリ1002-3_1.jpg





















9月終わりに職場の同僚が見つけた1頭のメスに集まったオス3頭。
このメスには凄い魅力があるに違いない。
以前2頭のオスがメスの背中に乗っているのは見たことがあったが、3頭は初見だ。
それにしても背中のオス以外はいつ食べられてもおかしくないようなポジションだが、果たしてこの後どうなったかとても興味深い。
オオカマキリ0924_1.jpg



















2019年10月2日、9月2日 東京都 カマキリ目カマキリ科 オオカマキリ、シリアゲムシ目シリアゲムシ科 ヤマトシリアゲ

nice!(1)  コメント(2) 

四国昆虫巡り サツマヒメカマキリ [カマキリ目]

四万十の宿を立ってニシキキンカメムシの産地に行く途中、日本特産種で四国にのみ生息するシコクトゲオトンボを探して水が染み出て苔が生えた場所を探した。
湧水が流れ出た小川を遡った。
川岸にはベンケイガニがこちらの気配を感じて巣穴に隠れる。
アカテガニかと思ったがその特徴からベンケイだった。
ベンケイガニ0824_1.jpg





























川をのぞくと、にょろにょろ!
おおっ!
大きなニホンウナギが2匹、気配を感じて川を下って逃げて行った。
ん~、ウナギは大好きだが長らく食べていない・・・。

残念ながら、今回お目当てのトンボは見ることが出来なかった。
また機会があれば是非見たいと思う。
ニホンウナギ0824_1.jpg



















ニシキキンカメムシを見た後に、公園を散策。
小さな川のほとりを歩くと、足元を歩いていたのは初めて見た?「アカハライモリ」。
昔はfieldにもいたようだが今は絶滅、残念ながら見られなくなってしまった。
アカハライモリ0824_1.jpg



















花が咲いているウドでIさんが、カマキリを見つけた。
茎を見ると枯葉かゴミがついているかという小ささ、ウドの花と比べてもこの大きさだ。
これがカマキリだとわかったその虫目が凄い!
サツマヒメカマキリ0824-1_1.jpg



















新開さんをもってしても、おおっ!

良く似たヒメカマキリは間もなく成虫なので、今の時期この大きさだとサツマヒメカマキリだそう。
幼虫で越冬して5月以降に成虫となる。

関東では見られないカマキリだ。
あまりに小さいのでマクロレンズで。
サツマヒメカマキリ0824-2_1.jpg



















確かに、カマキリの姿でこちらを一瞥。
体の割に大きなカマと鋭い棘、小さな虫たちにとっては脅威のハンターだろう!
サツマヒメカマキリ0824-3_1.jpg



















愛媛県 エビ目ベンケイガニ科 ベンケイガニ、ウナギ目ウナギ科 ニホンウナギ、有尾目イモリ科 アカハライモリ、カマキリ目カマキリ科 サツマヒメカマキリ

nice!(2)  コメント(2) 

外来種ムネアカハラビロカマキリの卵鞘 [カマキリ目]

先日、休みの日に職場のサクラの木でフユシャクを探していて高さ5mほどの枝にカマキリの卵を見つけた。
一見ハラビロカマキリのようだが、その付き方が明らかにおかしい。
それはこの距離で見ても一目瞭然、中国原産の外来種「ムネアカハラビロカマキリ」と思われた。
あまりに高い位置なので、後日勤務時に採取することにした。

ムネアカハラビロカマキリ0203_1.jpg



















数日後、高枝切りばさみで枝を落として手元で見るとやはり昨年産み付けられたムネアカのものだった。
卵鞘と枝の接する部分が短く、突出しているのが特徴でこの点で在来のハラビロカマキリとは区別できる。
ムネアカハラビロカマキリ0203-1_1.jpg



















正面から見るとよく似ていて一見区別しにくいかもしれない(下の写真)。

この場所は芝生広場の一角で、ソメイヨシノが多く植えられているが周りに雑木林などは無い。

こんなところにもいるのかと他を探して見ると、同じ木の少し低い位置にハラビロカマキリの卵鞘もあった。
同じ環境に2種が混在していたようだ。
そういえば昨年10月、ここから100mほど離れた広場の端のクスノキで産んで間もない卵鞘とメスを見つけていた。

ここでこの冬見つかった卵鞘は3個。
侵入経路は中国から輸入された竹箒とされており、ここでもホームセンターで購入した竹箒を清掃などで使用している。
今後は購入時に卵鞘が付いていないか確認することと、今の時期枝先をチェックして多数の幼虫が孵化する前に卵鞘を駆除するほかなさそうだ。
ムネアカハラビロカマキリ0203-2_1.jpg



















2019年1月31日、2月4日 東京都 カマキリ目カマキリ科 ムネアカハラビロカマキリ

nice!(1)  コメント(2) 

泳ぐか? オオカマキリ [カマキリ目]

池の杭にカマキリが下向きに止まっていた。
以前ナショジオだったか、カマキリが水辺で魚を捕らえる事を覚えて何度もやって来て狩りをしているという記事が頭をよぎった。
まさか・・・。
一方で水辺にいるということはヤツに誘導されたか?
少し見ていたが、まぁ魚を捕らえる感じではない。
今度は指名手配のカマキリではとの疑念が湧き、近くで見ようと落ちていた長い枝に乗せて岸に。
オオカマキリ1025-1_1.jpg



















途中まではうまく乗っていてくれたが落としてしまった。
すると平泳ぎ、スイースイー?
このまま泳ぐかと思ったが、残念ポーズだけでこの後適当にカマ、脚をバタバタするだけで期待外れ。
オオカマキリ1025-2_1.jpg



















再び拾って手元引き寄せると「オオカマキリ」のメス。
指名手配のカマキリでもなく、水辺に誘導するヤツも現れず期待外れだった。
このオオカマキリにとっては大変迷惑な事だっただろうなぁ。
水に濡れた触角が可愛い!
オオカマキリ1025-3_1.jpg



















2018年10月25日 埼玉県 カマキリ目カマキリ科 オオカマキリ

nice!(1)  コメント(0) 

驚異の外来種 ムネアカハラビロカマキリ産卵する! [カマキリ目]

先日、公園内のクスノキを見ていると高さ3m弱の枝に白いカマキリの卵鞘を見つけた。
形からハラビロカマキリかと思ったがちょっと違っていた。
ハラビロカマキリの卵鞘は枝にぴたっとくっついているのだが、これは片側が浮いていた。
この形はもしや・・・。
そう、中国原産の外来種「ムネアカハラビロカマキリ」のものだった。

この公園では今年の1月に複数の卵鞘が見つかり警戒していた。
まだ真新しいものでひょっとして母親がいるのではと周りの枝を叩いて見たが落ちてこない。
既に移動したかと卵鞘をよく見ると、んん・・・。
ムネアカハラビロカマキリ1019-1_1.jpg






















クスノキの葉に紛れて気付かなかったが、何と卵鞘にお尻をくっ付けたカマキリがいるではないか!
向こうもこちらに気付いてカメラ目線。
ムネアカハラビロカマキリ1019-2_1.jpg






















念のために捕まえて成虫の同定ポイントをチェック。
まず1つ目は名前の通り胸が赤いか?
確かに赤いとまではいかないが、在来のハラビロカマキリには無い色味だ。
ムネアカハラビロカマキリ1019-4_1.jpg






















上の写真はカマに隠れて胸が見えにくいのでよくわかる写真を追加した。

ムネアカハラビロカマキリ_1.jpg






















続いて2つ目は前脚カマの根元の突起だ。
在来のハラビロは黄色の大きな突起が4つほど並んでいるが、ムネアカは白い小さな突起がたくさんある。
この個体、確かに後者だ。
ムネアカハラビロカマキリ1019-3_1.jpg






















大きさも普段見るハラビロカマキリの1.5倍ほどと大きいことから間違いなくムネアカであることがわかった。
在来ハラビロにある前翅の1対の白斑は白いとは言えないがこの個体にもあるのでこの点は差異に非ずだ。
狭山丘陵で昨年来卵鞘が見つかっていたことからその存在は想定されていたが、成体を見たのは初めてだった。
他県の地域で在来ハラビロからこの種に置き換わった例を鑑みると脅威であり、もはや予断許されない状況だ。
ムネアカハラビロカマキリ1019-5_1.jpg






















2018年10月19日 東京都 カマキリ目カマキリ科 ムネアカハラビロカマキリ

nice!(3)  コメント(4) 

10年来、ようやくのチョウセンカマキリ! [カマキリ目]

今日は丘陵のとある公園で調査の仕事だった。
歩いていると目の前にカマキリが・・・。
仕事中ではあるが、長らくの習慣でカマキリを見つけるといくつかのポイントをチェックしている。
2つのチェックポイントをクリアーすればお目当ての種だ。
チョウセンカマキリ1020-1_1.jpg






















まず1つ目は前脚カマの付け根の色。
捕まえて確認してみた。
オレンジ色は当たりで黄色が外れ。
おぉっ!濃いオレンジ色、当たりだ!!
第1段階クリアー。
チョウセンカマキリ1020-2_1.jpg






















2つ目は後翅の模様。
ほぼ透明で一部に褐色の斑があれば当たりで全体に褐色の斑があれば外れ。
おぉっ!当たり。
2つのチェックポイントをクリアーしたので、これは10年来探していて個人的に狭山丘陵で初めて見る待望の「チョウセンカマキリ」だった!
外れはオオカマキリで、普通に見られるほとんどがこの種だ。
チョウセンカマキリ1020-3_1.jpg






















調査を進めているとお母さんと男の子が木道上の何かを見ていた。
何をしているのか尋ねると、道の上にカマキリがいて全く動かないので見ていたとの事。
突っつくとファイティングポーズをとってくれた。またもやこれもチョウセンカマキリだった。
今度は緑色型。
長い間探すも見つけることが出来なかったのに1日に2個体、それも色違いを見ることが出来てラッキーな1日。
やはり水辺に近い草地が好みのようだ。
チョウセンカマキリ1020-4_1.jpg






















2018年10月20日 東京都 カマキリ目カマキリ科 チョウセンカマキリ(カマキリ)

nice!(2)  コメント(4) 

カマキリたちの秋 [カマキリ目]

イタドリの花が咲いて虫が集まっていた。
何が来ているか覗いて見ると、葉影から花を見つめる「ハラビロカマキリ」を見つけた。
ここなら花にも近く、目の前に訪れた虫は一撃で捉えることができるだろう。
ハラビロカマキリ0919_1.jpg



















チカラシバの穂を見つめているのは「コカマキリ」。
といっても目の黒い点は人の瞳とは異なる偽瞳孔というもので、特にそこを見ているわけではないのだ。
コカマキリ0919-1_1.jpg



















成虫になった「オオカマキリ」が最も多く見られた。
オオカマキリ0919_2.jpg



















昨年ここで外来種のムネアカハラビロカマキリの卵鞘が複数見つかったので樹上をチェックしていると、エノキの高さ3mほどの枝に大きなお腹のオオカマキリがいた。
腹端で丹念に枝の状況を確認しているように見え産卵するのではと見ていると、大きなお尻の動きがまるで何か別の生き物のように見え何ともグロテスクだった。
少しすると他の枝へ移動して残念ながら産卵は見られなかったが、きっとこのあたりに産卵するに違いない。
オオカマキリ0919_1.jpg



















2018年9月19日 東京都 カマキリ目カマキリ科 ハラビロカマキリ、コカマキリ、オオカマキリ

nice!(1)  コメント(0) 

指名手配! ムネアカハラビロカマキリ [カマキリ目]

職場の前同僚が埼玉県某所で採取した「ムネアカハラビロカマキリ」を持ってきてくれた。
Sさん 有難う!


先日それらしき卵鞘を見たところだが、成虫は初めてだ。
このカマキリは福井、岡山、愛知、神奈川、茨城、新潟、東京、埼玉などで見つかっている中国原産と思われる外来種。
輸入された庭木や材木、箒などに付いて侵入したと考えられている。
愛知県のある地域では、在来のハラビロカマキリが見つからず、すべてこのカマキリに置き換わっていたと聞いている。
東京都では高尾山、埼玉県では北本市で成虫幼虫、狭山丘陵では埼玉県側で卵鞘が確認された。

この個体、寒さのせいかかなり憔悴して体を持ち上げることもできない状態だった。
ハラビロカマキリは寒さに強いと思っているが、ムネアカもこの寒さの中でよくここまで命を繋いできたと感心する。
ムネアカハラビロカマキリ1218-1_1.jpg



















在来ハラビロカマキリの特徴の一つは前翅の白斑だがこの種にはそれが無い。
体の大きさは在来のおよそ1.5倍くらいだろうか。
ムネアカハラビロカマキリ1218-2_1.jpg



















名前の由来のムネアカは、ひっくり返すと確かに胸と足まで淡いオレンジ色。
ムネアカハラビロカマキリ1218-3_1.jpg



















幼虫期は胸の赤色が見られないそうで、確実なのは前脚上腕の突起の大きさと色と数だそうだ。
ムネアカは写真のように小さな突起がたくさん並んでいる。
一方在来ハラビロは黄色い大きな突起が3~4個だ。
ムネアカハラビロカマキリ1218-4_1.jpg



















参考に在来ハラビロの突起の写真も載せておく。

このカマキリの日本への侵入を聞いてから、注意して見てきたが今のところMyFieldでは確認していない。
が、丘陵の埼玉側で卵鞘が見つかっていることから油断は出来ない状況と思われる。
今後も注視していきたい脅威だ。
ハラビロカマキリ_1.jpg



















2017年12月19日 カマキリ目カマキリ科 ムネアカハラビロカマキリ、ハラビロカマキリ

nice!(1)  コメント(0) 

ハラビロカマキリですが 何か? [カマキリ目]

木柵にいたハラビロカマキリ。
水辺近くにいるとついついハリガネムシの寄生を疑ってしまう。

カメラを構えつつ、おいお前持ってるんじゃぁ? と問いかけた。

横目でこちらをチラリ。
ハラビロカマキリ1005-1_1.jpg



















暫くするとこちらを見た。

そんなもん持ってねぇよ! と聞こえたような気がした。
ハラビロカマキリ1005-2_1.jpg



















2017年10月5日 東京都 カマキリ目カマキリ科 ハラビロカマキリ

nice!(1)  コメント(0)