SSブログ

クサギカメムシ幼虫 [カメムシ目]

今年は何だか蔓植物が大勢だなぁと見ていると、大豆の原種「ツルマメ」が咲いていた。
マメ科で似た種にヤブマメがあり開花時期が少しずれるが、毎年どちらがどちらか覚えられないでいる。
一見ツルの嘴のような花がヤブって覚えていたのだがこれは・・・
もう少しすると小豆の原種のヤブツルアズキが咲き出すが、これまたどの花がどの種でどの原種だったかさらに混乱が深まるのだ。
ツルマメ0813.JPG



















花の近くの葉裏に羽化した後の卵塊を見つけた。
ちょっと見えにくいが卵の殻に付いた黒っぽい筋は卵殻破砕器と呼ばれ、幼虫が内側から頭で押すと卵が割れて出てくることが出来る巧妙な仕掛けだ。
また、孵化する振動が合図となり一斉に孵化することも最近の研究でわかってきた。
クサギカメムシ0813-1.JPG





























すぐ脇の葉の陰に幼虫の集団がいた。
写真を撮ろうと葉を掴むと皆葉裏に移動してしまった。
残ったのを見るとどうやら「クサギカメムシ」の2齢幼虫のよう。
右の個体の腹部背面にはにこちゃんマークが!
クサギカメムシ0813-2.JPG



















少し歩いて小川沿いのクワの実生を見上げると、また葉裏にカメムシの卵殻と幼虫たちがいた。
何だかシルエットはクサギカメムシのような?
クサギカメムシ0813-3.JPG





























少しフラッシュを当てて見るとやはり、クサギカメムシたちのようだ。
このコンデジは光量調整できないので、いつも露出補正マイナスで調節しているがなかなか難しい。
デフィーザーをこしらえればいいのだが・・・
クサギカメムシ0813-4.JPG





























2023年8月13日 東京都 マメ目マメ科 ツルマメ、カメムシ目カメムシ科 クサギカメムシ

nice!(0) 

小さく地味なカメムシたち [カメムシ目]

植物を見ていると近くに大きさ1㎝ほどで小さくて艶消しの黒いカメムシがいた。
今まで見たことが無いような。
調べるとイネ科につく「イネクロカメムシ」のようだ。
クロカメムシとも呼ばれる。
背中の赤いダニはチャームポイントか!
イネクロカメムシ0617.JPG





























こちらは2度目の遭遇、2㎝弱の「ニセヒメクモヘリカメムシ」。
似た種にヒメクモヘリカメムシがいて頭部の先に突き出した側葉と中葉の長さで見分けるが、側葉と中葉がどこの事なのか理解するのに時間がかかった。
ササ類に付くらしい。
ニセヒメクモヘリカメムシ0625_1.jpg






















2023年6月17,25日 東京都 カメムシ目カメムシ科 イネクロカメムシ(クロカメムシ)、ホソヘリカメムシ科 ニセヒメクモヘリカメムシ

nice!(1) 

再び エビちゃん [カメムシ目]

昨日の休憩時間、職場横のススキに何かいないか見ていた。
株の奥にいた「エビイロカメムシ」の成虫。
スッキリした体形に色もデザインもシックでなかなかお洒落な感じだ。
エビイロカメムシ0625-1.JPG



















すぐ近くでエビイロカメムシの幼虫、エビちゃんがいた!
これは小さい!!
大きさは3㎜くらいだろうか?このサイズを見たのは初めてかもしれない。
エビイロカメムシ0625-2.JPG



















こんなに小さくてもやはり愛らさは変わらない!
離れた目におちょぼ口(口では無いが)、そしてこの色合いと透明感。
背中のマスコット?うさぎのような模様がさらに魅力を倍増させている。
小さくても可愛いぞ、エビちゃん!!!

こう思うのは私だけだろうか・・・
エビイロカメムシ0625-3.JPG



















2023年6月25日 東京都 カメムシ目エビイロカメムシ科 エビイロカメムシ

nice!(1) 

ヨコヅナサシガメの獲物 [カメムシ目]

神社本殿の横にあるサクラの樹皮を見ていると「ヨコヅナサシガメ」がいた。
数枚撮るとゆっくりと動き始めたが、よく見ると何か小さな獲物を捕らえている。
ヨコヅナサシガメ0510-1.JPG



















あまりに小さくてよく見えないので撮った写真を拡大してみると、クサカゲロウの仲間の幼虫?
こんなに小さくても少しは腹の足しになるのだろうか・・・
ヨコヅナサシガメ0510-2.JPG



















2023年5月10日 埼玉県 カメムシ目サシガメ科 ヨコヅナサシガメ

nice!(0) 

春間近 孵化したクヌギカメムシ [カメムシ目]

昨日、同僚から「クヌギカメムシ」が孵化してますよと教えていただいた。
昨年は久しぶりにクヌギカメムシの当たり年で、年末にはあちこちのクヌギでたくさんの卵塊が見られた。
ただどのクヌギにも産んでいるわけではなく、人気の木がありそこに集中しているようなのが不思議だ。

今日見に行ってみると、いるいる!
卵を包んでいるゼリーに頭を突っ込んで吸っている。
クヌギカメムシ0225-1.JPG





























こちらでも。
この時期孵化した子供たちは、母親が卵と共に産んだゼリーを食べて新芽が出るまで命を繋ぐ。
ゼリーには母虫が託した共生細菌も含まれていて、子供たちはこれを摂取することで新芽の汁を消化することが出来るようになるのだ。
クヌギカメムシ0225-2.JPG





























よく見る幼虫たちよりさらに明るい黄緑色の小さな幼虫たちがいた。
クヌギカメムシ0225-3.JPG





























目がどこにあるのかもわからず一見ダニのようにも見える。
おそらく孵化して間もないのだろう。
下の写真の一番上の個体はまさに孵化して卵塊から出てくるところのようにも見える。
大きさからこれから脱皮して上2枚の写真の幼虫になるのではないだろうか。

クヌギカメムシが孵化するといよいよ春が近い!
今日谷戸を歩くとフキノトウが顔を覗かせニワトコやシュンランの蕾が膨らみカタクリの葉が出て、完璧なウグイスの囀りやニホンアカガエルの卵塊が見られた。
間もなくやって来る春が本当に待ち遠しい!!
クヌギカメムシ0225-4.JPG



















2023年2月25日 東京都 カメムシ目クヌギカメムシ科 クヌギカメムシ

nice!(0) 

越冬中のクモヘリカメムシ [カメムシ目]

林縁でチッチッ♪という声が聞こえじっと目を凝らしていると、アズマネザサにとまっていた「アオジ」のメス。
オスに比べるとやっぱり優しい顔が癒されるなぁ!
アオジ0205.JPG



















1月から数十羽の「カシラダカ」の群れで賑わっていた林だが、先日訪れた時には全く姿が見られず餌を食べつくしてどこかに移動してしまったかと思っていた。
その後再び足を運んでみると、おぉ!。
再び戻ってきていて、一斉に木々の梢に飛びあがった。
枝にたくさんとまった絵も撮ったが、何だかこの写真がいいなぁと思って。
アカシデの冬芽が膨らんできた。
カシラダカ0205.JPG



















昨日、アラカシでカモドキサシガメの仲間を探していたら、葉と葉の間に緑色のカメムシを見つけた。
以前この近くに越冬中のミナミドゲヘリカメムシがいたのでミナミトゲかと思ったがちょっと違う。
クモヘリカメムシ0205-1.JPG



















上の葉をそっとめくって見ると、いたのは「クモヘリカメムシ」だった。
夏にはエノコログサやメヒシバの穂で見られるカメムシだ。
こんなところで寒さを凌いでいたとは・・・。
この日もカモドキサシガメの仲間は見つからなかった。
クモヘリカメムシ0205-2.JPG



















2023年2月5-6日 東京都 スズメ目ホオジロ科 アオジ、カシラダカ、カメムシ目ホソヘリカメムシ科 クモヘリカメムシ

nice!(0) 

越冬コミミズク幼虫 [カメムシ目]

今日は休み、久しぶりに気温が上がるとのことだったので午後からfieldへ。
暖かく越冬チョウが見られるかと思ったが。残念ながら全く見られなかった。
南風が強かったせいだろうか?

コナラの枝先で定点観察している「コミミズク」の幼虫は、まだ同じ場所に留まっていた。
色が濃いのですぐに見つかる!
コミミズク0201-1.JPG



















アラカシなどの葉裏にカモドキサシガメがいないか探して見たが、ヒゲナガサシガメの幼虫さえも見つからなかった。
唯一見つけたのは、「コミミズク」幼虫の脱皮殻。
見付けた時には死骸かと思ったが、撮った写真をよく見ると脱皮殻だった。
コミミズク0201-2.JPG



















フユシャクやキノカワガでもいないかと幹も見て回ったが、見つかったのは「ハラビロカマキリ」の卵鞘だけだった。
ハラビロカマキリ卵鞘0201.JPG



















2023年2月01日 東京都 カメムシ目ミミズク科 コミミズク、カマキリ目カマキリ科 ハラビロカマキリ

nice!(0) 

枝先にコミミズクの幼虫 [カメムシ目]

昨日fieldでは、白梅がちらほらと咲き初めていた。
例年紅梅の方が先に開花するのだが、今年は白の方がちょっと早いか。
ウメ0103.JPG



















昨年、「コミミズク」の幼虫たちが多く越冬していたコナラの実生の枝先を探したが、全く見当たらない。
他の木の枝をいくつか探していると、ようやく褐色型の幼虫が1頭見つかった。
この日見つかったのはこの1頭だけで、今年は数が少ないのだろうか?
コミミズク0103.JPG



















近くの枝には冬虫夏草があった。
菌に侵された小さなガの仲間だ。
頭部後ろの胸背から突き出た3本の突起はまるで王冠のようだ。
冬虫夏草0103.JPG



















2023年 東京都 バラ目バラ科 ウメ、カメムシ目ヨコバイ科 コミミズク

nice!(0) 

ヤツデの葉裏のクロスジホソサジヨコバイ [カメムシ目]

冬の虫探し、恒例のヤツデの葉の神経衰弱。
数枚めくって出たのはお馴染みの「クロスジホソサジヨコバイ」。
背中の黒い筋の両側が赤い個体でメスと言われている。
騙されてはいけない!ちなみに頭は上だ。
クロスジホソサジヨコバイ12225-1.JPG



















次に出たのもクロスジホソサジヨコバイだが、背中の黒い筋の両側が黒い。
赤くないのでこれがオスだろうか。
黒いのは今まであまり見たことが無かった。
色が違うので神経衰弱としてはブー!だ。
クロスジホソサジヨコバイ12225-2.JPG



















こちらは翅がまだ小さな幼虫だが、お尻の端に目を模したと思われる黒点が1対ある。
成虫は翅にあるが無い幼虫はお尻にあるのが不思議で興味深い!
クロスジホソサジヨコバイ12225-3.JPG



















ヤツデの葉表にいたエリマキアブと呼ばれる肉食性の「フタスジヒラタアブ」の幼虫。
とまっている場所がなかなか憎らしい!
脇にいる小さなオレンジ色のはヤツデキジラミだろうか?

ヤツデの葉の神経衰弱がまだの方は、是非この冬チャレンジしてみてはいかが?
フタスジヒラタアブ12225.JPG



















2022年 12月25日 東京都 カメムシ目ヨコバイ科 クロスジホソサジヨコバイ、ハエ目ヒラタアブ科 フタスジヒラタアブ

nice!(0) 

ヤツデの葉裏で クロスジホソサジヨコバイ [カメムシ目]

冬の観察対象の一つ、ヤツデの葉めくり。
昨日いくつもの株の葉をめくっていると、ようやく見つかったのは「ムーアシロホシテントウ」。
今までヤツデの葉裏で見たことが無かったが、今日も見つかったので見落とししていたのかもしれない。
ムーアシロホシテントウ1210.JPG



















こちらはお目当ての一つの「クロスジホソサジヨコバイ」、別名マエムキダマシと呼ばれるヨコバイの仲間。
クロスジホソサジヨコバイ1210-1.JPG





























背中に黒い筋があり頭が匙のようなヨコバイという事だろう。
別名のマエムキダマシは、翅端の1対の黒斑が目に赤い腹端が口に見える事でそう呼ばれている。
お尻が頭に見えることで外敵がお尻を狙った隙に逃げる一種の擬態と言えるのだろう。
一対の黒斑の両脇には脚のような黒線があり抜かりない!
幼虫に翅は無いがやはり腹部背面に成虫と同じように1対の黒斑があるのも面白い。
クロスジホソサジヨコバイ1210-2.JPG



















2022年12月10日 東京都 コウチュウ目テントウムシ科 ムーアシロホシテントウ、カメムシ目ヨコバイ科 クロスジホソサジヨコバイ

nice!(1)