SSブログ
2024年06月| 2024年07月 |- ブログトップ

北海道昆虫観察ツアー2024 その1 [昆虫観察ツアー]

昨年、ターゲットを確認できずリベンジを誓った北海道旭川。
今年再び再チャレンジで7月8日羽田から飛び立った。
この日の羽田空港は思ったより意外と人が少なかった。
羽田0708-1.JPG



















今回はJALの553便。
以前は飛行機に乗るのがダメで、東京から広島への出張には自腹で夜行のサンライズ瀬戸に乗って行ったほどだったが、この昆虫ツアーに参加させていただいてからは苦手を克服、今では時短でとても有難い。
羽田0708-2.JPG



















旭川に着いてからは昨年と同じ市内が見下ろせる郊外の展望台へ。
旭川0708.JPG



















ここでは昨年クスサンの幼虫が大発生していたが、今年は「マイマイガ」が大発生。
木の幹やあちこちの草の上で幼虫がいるいる!
あれだけ見られたクスサンが全く見られないのは不思議で、自然のメカニズムはうまくできているものだと感心したのだった。このマイマイガたちの大発生も長くとも2~3年だろう。
マイマイガ0708.jpg



















草地に「ヨシカレハ」の大きな幼虫がいた。
色や模様はなかなかシックでおしゃれな反面ちょっと毒々しいが、その通り毒針毛を持っている。
ヨシカレハ0708.jpg



















遊歩道の手すりで交尾中の「ベニボタル」を見つけた。
この仲間は似た種が色々いるがベニボタルかな。
下のメスの触角はノコギリ状で上に乗っているオスの触角は糸状でその違いが面白い!
ベニボタル0708.jpg



















同じ手すり上で「ミヤマクワガタ」の頭があった。
口がまだ動いていたのでこの日にカラスにやられたのだろう。
ミヤマクワガタ0708.jpg



















近くでヒョウモンチョウの仲間を見つけた。
羽表は見ることが出来なかったが、後翅裏の模様や色から「オオウラギンスジヒョウモン」のオスだろうか。
羽表を見られれば確実なのだが、なかなかそうはいかない。
オオウラギンスジヒョウモン0708.jpg



















北海道で見てみたい甲虫の一つにヒラタシデムシがいる。
関東のfieldで見られるのはオオヒラタシデムシでヒラタシデムシは北海道でしか見られない。
足元で見つけたシデムシはヒラタシデムシか?
前翅隆起線の本数がオオヒラタとは異なるので「ヒラタシデムシ」でよさそうだ。
ヒラタシデムシ0708.jpg



















草の葉上で見つけたシデムシ。
ヒラタシデムシかと思ったが、小さくて何だか違うなぁと。
調べると「クロヒラタシデムシ」というのがいるようだ。
草の上で陸生貝を食べるとの事。
確かに前胸背の前縁が一直線なのがヒラタシデムシと異なるのでクロなのだろう。
クロヒラタシデムシ0708.jpg



















1週間滞在するビジネスホテルは昨年利用したホテルから少し離れた旭川駅前で窓からは駅がよく見えた。
旭川0708-1.JPG



















2024年7月8日 北海道旭川市 チョウ目ドクガ科 マイマイガ、カレハガ科 ヨシカレハ、タテハチョウ科 オオウラギンスジヒョウモン、コウチュウ目 ベニボタル科 ベニボタル、クワガタムシ科 ミヤマクワガタ、シデムシ科 ヒラタシデムシ、クロヒラタシデムシ

nice!(0) 

アワブキの葉でスミナガシ幼虫 [チョウ目]

いつも確認しているアワブキの葉に小さな巣を2つ見つけた。
葉脈にいるかとよくよく見たがいない。
鳥にでも食べられたかなぁと近くの葉をめくっているといた!
巣の大きさから小さいのを想像していたのでかなりビックリした。
ちょくちょく見ていたのにこんなに大きくなるまで見落としていたとは…
スミナガシ0706-1.JPG



















タテハチョウの仲間の「スミナガシ」の恐らく終齢の幼虫。
警戒して頭を下に向けていたのでちょっとつついてみると、頭の角のような突起を振り回して威嚇してきた。
スミナガシ0706-2.JPG



















いつ見てもこの形や色の配色には感心する。
下から見るとまさにジョーカー。
角の青いラメのような色彩は何か役割があるのだろうか?

明日から毎年恒例の昆虫観察ツアーに行って来ます。
しばらくblogをお休みします。
スミナガシ0706-3.JPG



















2024年7月6日 東京都 チョウ目タテハチョウ科 スミナガシ

nice!(1) 

久しぶりの湿地で [トンボ目]

6月の末、久しぶりの湿地に足を運んでみた。
湿地をぐるっと歩いて見たら成熟したハラビロトンボが多く見られた。
まだ出ていないかと残念と思っていたら、ようやく林縁でその姿を見つけた。
毎年ここで常連の「キイトトンボ」。
まだ未成熟だが腹端背面に黒色の斑があるのでオスだとわかる。
この周りにいくつも見られたのでこれからたくさん発生してくれるといいのだが!
キトトンボ0630.JPG



















すぐそばにいたトンボ、マユタテアカネだろうと思ったがよく見ると違う見たいな・・・
顔の一対の黒斑が小さいのと腹部側面の黒い斑紋が大きく腹端の上付属器が反り返っていないので「ヒメアカネ」の未成熟なオスだった。
今年もここで出会えて嬉しい!
ヒメアカネ0630.JPG



















歩いている足元で細長く黒い虫が動いた。
こんな形のものはあまり見ないなぁととりあえず1枚。
予想通りすぐに逃げて行った。
撮った写真を見ると「ナガヒョウタンゴミムシ」だった。
これは見たことが無いかと調べると一度だけ2014年にここで撮っていた。
ナガヒョウタンゴミムシ0630.JPG



















職場周りの乾燥した草地では「ヒガシキリギリス」の鳴き声が数日前から聞こえていた。
この日、その声をたどって見ると草の上に出て鳴いている褐色型のオスがいた。
鳴き始めは下草の下で鳴いていてなかなか姿が見られないのでラッキーだった。
この声は夏の風物詩、まだ梅雨は明けていないがこのところの暑さで夏を体感している。
ヒガシキリギリス0630.JPG



















2024年6月30日 東京都 トンボ目イトトンボ科 キイトトンボ、トンボ科 ヒメアカネ、コウチュウ目オサムシ科 ナガヒョウタンゴミムシ、バッタ目キリギリス科 ヒガシキリギリス

nice!(1) 

2024年06月|2024年07月 |- ブログトップ